政府は18日、ハイチ大地震の支援のため自衛官による国際緊急援助隊を派遣することを決めた。70~80人規模となる見通しで、医療活動や感染症対策などに従事する。派遣に先立ち、防衛省は同日、情報収集に当たらせるため自衛官12人による先遣隊を派遣。日本からはすでに国際緊急援助隊医療チーム25人が17日午後(日本時間18日午前)に首都ポルトープランスの西約40キロのレオガンに入り、活動を始めている。

11月機械受注、11.3%減=2カ月連続で縮小(時事通信)
ハイチ大地震 日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
高見順賞に岡井、岸田の2氏(時事通信)
<花粉>2月上旬~中旬ごろから飛散 量は少なめ…気象協会(毎日新聞)
自民に新グループ=山本元金融相ら6人(時事通信)
AD