亀井静香金融担当相は19日の閣議後の会見で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件に絡み、同法について「1円まで領収書を取られている。極めてテクニカルな法律で、あえて犯罪人を作っている面がある。抜本的に改正すべきだ」と述べ、規定を緩めるべきだとの考えを示した。小沢氏や鳩山由紀夫首相の政治とカネをめぐる問題が焦点化しているなかで、波紋を広げそうだ。

 政治資金規正法は07年の改正で、国会議員が代表を務める政治団体などに限り、人件費を除くすべての経費について、1件1万円を超える支出を明細に記載することや、1円以上の領収書の保存が義務化された。亀井氏は「国会議員を泥棒みたいに手足を縛って、国民のための政治ができるのか」とも述べた。【朝日弘行】

【関連ニュース】
亀井担当相:「天皇陛下は京都か広島に」と会話内容明かす
国民新党:亀井静香氏が代表に 落選の綿貫氏は最高顧問に
亀井金融相:東証視察 金融庁職員の業界への出向要請
2次補正:菅副総理と亀井担当相 経済対策で口論20分
亀井担当相:郵政民営化見直しへ初会合

大久保容疑者、公判延期の見通し 検察側申し入れへ(産経新聞)
有権者と対話「なまごえ☆プロジェクト」始動 自民党(産経新聞)
「天下り」10ポスト削減 府、22年度から 半数は原則公募(産経新聞)
石川議員元秘書、資料を隠してなければ「小沢先生含め全員逮捕だ」(産経新聞)
統一地方選の候補者、橋下知事が公募の意向(読売新聞)
AD