冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が入り込んだ影響で、14日は北陸を中心にこの冬一番の大雪となった。気象庁によると、新潟県内では24時間降雪量が100センチを超えた所もあり、午後5時現在の積雪は津南町で278センチ。岐阜県郡上市では積雪が1月としての観測史上最高の168センチを記録した。大雪のピークは過ぎたが、北日本の日本海側と北陸の山沿いでは15日にかけても大雪となる恐れがあり、気象庁は注意を呼びかけている。

 気象庁によると、14日午後5時現在の積雪は▽新潟県十日町市232センチ▽福島県只見町214センチ▽山形県西川町200センチ▽岐阜県白川村195センチ▽群馬県みなかみ町189センチ--など、日本海側の各地で平年の2~3倍程度に達している。

 関東では放射冷却現象により朝の気温が下がり、最低気温は▽東京都府中市=氷点下5.2度▽宇都宮市=同5.0度▽埼玉県越谷市=同4.6度▽横浜市=同0.3度▽東京都心=0.1度--など、各地でこの冬一番の冷え込みとなった。【福永方人】

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
スキー場:雪たっぷり 絶好のコンディション 岐阜・郡上
気象庁:今冬は平年並みの寒さ 「予想外だった」と説明
悪天候:各地で大雪や強風 日本海側は14日も大雪
寒気:九州・山口全域で雪 交通に乱れ

小沢氏に「どうぞ闘って」…首相一問一答(読売新聞)
<陸山会土地購入>石川氏2.8億円「寄付なかった」(毎日新聞)
自民中堅が政策グループ「のぞみ」 山本有二氏ら5人(産経新聞)
<JR京浜東北線>踏切に人!緊急停車で6万人影響(毎日新聞)
鳩山政権最大の危機、「小沢幹事長辞任を」の声(読売新聞)
AD