2007年7月の新潟県中越沖地震で被災し、運転再開に向け試験運転を行っていた東京電力柏崎刈羽原発6号機は19日、地震後、2年半ぶりに営業運転を再開した。全7基のうち、同地震後に営業運転を再開したのは昨年12月28日の7号機に続き2基目。
 経済産業省原子力安全・保安院は18日から6号機の最終検査を実施。原子炉を動かした状態で、温度や圧力、振動など約210項目について計測し、安定して運転していることを確認した。 

【関連ニュース】
世界の原子力災害に急行=医療支援チーム結成
使用停止命令を解除=柏崎原発1、5号機
復興の中長期的課題を議論=全国の被災者ら
センサーのショート原因か=柏崎原発6号機不具合で
柏崎原発7号機で営業運転再開=新潟県中越沖地震で被災後初

<法制審>国際裁判の管轄定める要綱案決定(毎日新聞)
<ヤミ専従問題>更迭された前秘書課長が復帰…農水省人事(毎日新聞)
米車対象外のエコカー支援、国務長官が懸念(読売新聞)
次世代電力網で日本連合後押し=24社でフォーラム-経産省(時事通信)
「国の責任大きい」=日航破綻で-前原国交相(時事通信)
AD