米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れの是非が争点となる沖縄県名護市長選が17日告示された。

 移設反対を訴える新人の前市教育長・稲嶺進氏(64)(無=民主・共産・社民・国民推薦)と、容認派で自民、公明両党の支援を受けて再選を目指す現職・島袋吉和氏(63)(無)が立候補を届け出た。

 24日に投開票される。

 同市長選で移設問題が争点になるのは4回目。過去3回はすべて容認派の候補が当選したが、政権交代後に鳩山内閣が「県外、国外移設」を模索し始めたことで、沖縄では県外移設を求める世論が高まっている。

 選挙結果は5月までに移設先を決めると表明した鳩山首相の決断にも影響を与える可能性が高い。キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)に移設するとした日米合意の履行を求める米国も高い関心を示している。

開業医の再診料引き下げ盛らず 診療報酬改定骨子案(産経新聞)
小沢氏に「どうぞ闘って」…首相一問一答(読売新聞)
<再診料>時間外対応の診療所など加算 厚労省政務官が示唆(毎日新聞)
特捜部捜索にオフィス街騒然(産経新聞)
クールビズ廃止を要望=夏の業績低迷で小沢環境相に-ネクタイ業界(時事通信)
AD