羽田空港の管制システム障害で、出発便の遅れや欠航などの影響は14日夕までに、国内便計210便に上った。同日から始まった成田空港との「ターミナルレーダー管制」一元化に伴うシステム改修と関連して、コンピューターに過大な負荷が掛かったのが直接の要因とみられ、国土交通省は根本的な原因の究明を急いでいる。
 同省の長安豊政務官は同日の記者会見で「利用者、関係者にご迷惑をお掛けしおわびする」と陳謝した。
 国交省によると、4本目の滑走路が供用開始される10月以降に必要なプログラムなど、現在は不可欠ではない機能を停止し、コンピューターへの負荷を軽減したところ、システムは順調に稼働しているという。ハード面に問題はなく、システム改修で導入したプログラムなどに何らかの不具合があった可能性がある。 

【関連ニュース】
金先物の夜間取引を休止=システム障害で
福岡銀行、副頭取が会見で陳謝=ATMなど障害の原因は磁気ディスク装置
気象庁の観測所でシステム障害=21日のJAC便に欠航、遅れ

トラフグ低温養殖で8割超が雄 白子の収量大幅アップ(産経新聞)
首相動静(1月14日)(時事通信)
「不景気で仕事なく」盗んだバイクでひったくり 34歳男追送検(産経新聞)
小沢疑惑 前原国交相が「説明責任果たすことが大事」(産経新聞)
大阪・槙尾川ダム 継続か中止か悩む橋下知事(産経新聞)
AD