自民党は14日午前、小沢一郎民主党幹事長の政治資金問題について、東京地検特捜部から事情聴取を受けた石川知裕民主党衆院議員の元秘書、金沢敬氏(41)を党本部に招いて意見を聴取した。金沢氏は、西松建設の違法献金事件で小沢氏の事務所が昨年3月に家宅捜索を受けた際に同氏から資料を隠すよう石川氏に指示があったとした上で、参考人招致の要請があれば「いかなる場でも発言したい」と応じる考えを示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

ブロードバンド推進協議会に国会議員26人(レスポンス)
橋下知事「首長や議員と新しい政治グループ」 数人が賛同(産経新聞)
「特捜部にも説明責任ある」…中井公安委員長(読売新聞)
公立病院経営の参考事例集を月内にも発行―総務省(医療介護CBニュース)
JAL「格安航空」に進出 再生支援機構が検討(J-CASTニュース)
AD