鳩山由紀夫首相は14日午前、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件に関し、「小沢幹事長の人事を見直す考えはあるか」との記者団の質問に対し、首相公邸前で「小沢幹事長の体制で、ここまでやってきた。選挙も厳しい中を乗り越えてきた。それがあるから、私としては今その考えはありません」との考えを示した。
 小沢氏が東京地検特捜部の任意の事情聴取に応じるかどうかについて、首相は「本人の判断次第だ」と語った。通常国会への事件の影響については「できるだけ影響を与えないように一生懸命やるしかない」と強調。夏の参院選に関しても「それまでの間に、この問題も解決して全党一丸となって臨むしかない」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

国土面積増加幅、平成で最小=1年で東京ドーム63個分-地理院(時事通信)
医療・介護などの規制改革へ向け分科会新設―行政刷新会議(医療介護CBニュース)
<エスカレーター事故>中学生8人転倒し負傷 NHK名古屋(毎日新聞)
平野官房長官、内閣官房の人事刷新を検討(産経新聞)
<300日訴訟>「違憲ではない」原告の請求棄却 岡山地裁(毎日新聞)
AD