急速に発達した低気圧と寒気の影響で、13日は各地で強風が吹き、日本海側を中心に大雪となった。気象庁によると、新潟県佐渡市で1月としての観測史上最高の最大瞬間風速40.0メートルを記録。東京都八王子市では突風により工事用クレーンが倒れた。強風のピークは越えたものの、北海道と東北から中国地方の日本海側では14日にかけても大雪が続く見込みで、気象庁は警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、13日は日本海上の低気圧が急速に発達しながら東進。冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が流れ込んだ。各地の最大瞬間風速は▽新潟空港(新潟市)35.5メートル▽長野県信濃町30.5メートル▽宮城県丸森町29.2メートル▽福島県郡山市28.0メートル▽八王子市、金沢市27.9メートル▽山形県酒田市26.9メートル▽横浜市26.1メートル--など。北陸の日本海側では24時間降雪量が50センチに達した所もあった。

 強い冬型の気圧配置は14日にかけても続くと予想され、14日午後6時までの24時間降雪量は多い所で▽北陸80センチ▽東北の日本海側、長野県、岐阜県、近畿北部60センチ▽群馬県、山陰50センチ▽北海道40センチ▽山陽、四国、九州10~20センチ--の見込み。【福永方人】

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
雪:上信越道で車スリップ、東海道新幹線減速で5万人影響
スキー場:雪たっぷり 絶好のコンディション 岐阜・郡上
気象庁:今冬は平年並みの寒さ 「予想外だった」と説明
雪:東海地方でも 岐阜・白川98センチ、高山31センチ

<トラフグ>水温調節だけでオス化する技術 近畿大研が開発(毎日新聞)
派遣村 閉所 利用者の自立への道本格化へ(毎日新聞)
「面接で着るスーツなくて…」万引き男逮捕(読売新聞)
ペットめぐる口論で女性刺す? 殺人未遂容疑で会社員を逮捕(産経新聞)
<日米安保改定50年>共同声明の文面調整で局長級協議(毎日新聞)
AD