福島県立浜高等技術専門校(福島県南相馬市)は19日、合格者に通知する入学費用などを示した文書を、不合格者14人に誤って送付していたと発表した。

 同校によると、職員が今月15日、パソコンに入っていた合格者リストをもとに2010年度に入学予定の4学科70人のあて名ラベルを作成して郵送。その際、別に保存してあった不合格者リストと一部、混同してしまったという。1人に2通送るミスもあった。

 18日午前、不合格だったのに書類を受け取った人から同校に電話があり、発覚した。同校は14人に謝罪するとともに、合格したのに文書を送っていなかった15人に書類を郵送した。

 同校の須田真一副校長は「本来は2人ですべき作業を1人の職員でしており、ダブルチェックができていなかった。再発防止に努めたい」としている。

<コンビニ強盗>前橋周辺で男2人組 年末から4件目(毎日新聞)
地域での介護、「保険だけでは収まり切らない」―宮島老健局長(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>ギャンブル場専門のスリ「アブさん」御用 「おれの負け」(毎日新聞)
ガス田合意違反なら「しかるべき措置」 日中外相会談で岡田外相が警告(産経新聞)
震災から15年 中3アンケート ほんの少しの偶然で、私は今、生きている(産経新聞)
AD