鈴鹿市のJA鈴鹿本店で現金輸送車が襲われ2億1千万円が奪われた事件で、強盗幇助(ほうじょ)罪に問われた日本通運元社員、伊藤良樹被告(37)の判決公判が18日、津地裁であり、村田健二裁判長は「強盗を手際よく実行するために不可欠な情報を教え責任重大」として懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)を言い渡した。

 執行猶予を付けた理由について村田裁判長は「犯行による利益を得ておらず、情報は断片的。会社を懲戒解雇され社会的制裁を受けている」と述べた。

 判決によると、現金輸送を請け負っていた日通に勤務していた伊藤被告は昨年3月、強盗目的と知りながら、鳥山征児被告(36)=強盗罪などで起訴=らに現金輸送方法やルート、現金の入った手提げ袋の色などを教えた。

【関連記事】
郵便局で500万円奪い男逃走 東京・江戸川
1470万円窃盗容疑で3人逮捕 佐賀の養鶏場事件
「組員殺害」供述 強盗殺人で起訴の男再逮捕へ
4件連続のコンビニ強盗事件で男逮捕 大阪府警
日本に群がる「爆窃団」 スピード逮捕で見えた強欲さ

<カンザキハナナ>琵琶湖見渡し1万2000本(毎日新聞)
被害者参加、二審は実刑=死亡ひき逃げの男-大阪高裁(時事通信)
<訃報>枦勝重さん61歳=ベスト電器常務(毎日新聞)
対日協調 米は優先 共同声明 普天間を封印(産経新聞)
運転しながら陰部露出=海自隊員、公然わいせつ容疑-神奈川県警(時事通信)
AD