静岡市は13日、特別史跡の登呂遺跡(同市駿河区登呂)に復元した竪穴式住居2棟の茅(かや)ぶき屋根が何者か壊されたと発表した。市は静岡南署に通報し、同署で器物損壊事件として調べている。

 市文化財課によると、復元住居は職員が見回りを終えた7日午後5時20分ごろから、8日午前8時40分ごろまでの間に壊されたとみられる。

 2棟とも、茅ぶき屋根の茅材が一部抜き取られていたほか、屋根を覆う木材が壊された。被害に遭った茅材は計約500本、木材は計約35本で、いずれも発見時、住居周辺に散らばっていた。修復のめどは立っていないという。

 同市の小嶋善吉市長は「市民が散策する場所のため、(出入りを)規制することはできない。登呂遺跡は後世に伝える財産なので大事にしてほしい」と話している。

【関連記事】
卑弥呼の鏡 国の成り立ち思う機会に
国内最多81面分の銅鏡の破片出土 卑弥呼に関連? 桜井茶臼山古墳
卑弥呼の宮殿、最古の旧石器… 古代史ロマンが次々と 09年発掘回顧
古代の食生活、トイレ遺跡で分析 富山大教授が話題の研究本
縄文時代のドングリの殻も 徳島で32基の貯蔵穴出土

右車輪出ないまま着陸=羽田空港(時事通信)
<参院>議員控室割り当て 自民党と民主党が場所を交換(毎日新聞)
「特捜部にも説明責任ある」…中井公安委員長(読売新聞)
免許条件の眼鏡掛けず乗務=東海道新幹線の運転士(時事通信)
天皇陛下がお言葉=通常国会開会式(時事通信)
AD