農薬に汚染された事故米を不正に転売したなどとして、食品衛生法違反(規格外食品の販売)と有印私文書偽造・同行使の罪に問われた接着剤製造会社「浅井」(名古屋市瑞穂区)社長、浅井利憲被告(57)と法人としての同社に対する判決公判が13日、名古屋地裁であった。佐々木一夫裁判官は浅井被告に懲役2年、執行猶予5年、罰金150万円(求刑・懲役2年、罰金150万円)を、同社に求刑通り罰金150万円を言い渡した。

 判決によると、浅井被告は07年5~8月、食品衛生法の基準0.01ppmを上回る濃度に農薬メタミドホスに汚染された中国産もち精米約390キロを1キロ50円で米穀仲介業「ノノガキ穀販」に転売した。また、07年2~9月、事故米を転売したことの発覚を免れるため、実在する合板会社の受領書を偽造、のり製品を納品したように見せかけ、同3~9月まで計6回、農林水産省東海農政局に提出した。

 弁護側は「犯行の主導者はノノガキ穀販側で浅井被告は加担させられた」と主張していた。【式守克史】

【関連ニュース】
汚染米不正転売:浅井社長に懲役2年と罰金を求刑
汚染米不正転売:浅井社長認める 名古屋地裁初公判
事故米食用転売:懲役2年と罰金、浅井社長に求刑
事故米食用転売:検察側、懲役2年求刑 浅井社長「経営を優先」--名古屋地裁
事故米食用転売:浅井社長、起訴内容認める--名古屋地裁初公判

巡査長が捜査書類破棄=容疑で書類送検、停職-愛知県警(時事通信)
行方不明の住職、食品万引き=現行犯逮捕「金使い果たした」-福島(時事通信)
<石川衆院議員>規正法違反容疑で逮捕…4億円虚偽記載(毎日新聞)
新規インフルエンザ治療薬が世界初の承認を取得―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
検察幹部「小沢氏側は司法を軽んじている」(読売新聞)
AD