JR東日本が走行可能な状態に復元することを決めた、群馬県伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地に展示中の蒸気機関車「C61形20号機」を、さいたま市の車両工場に向けて搬出する作業が19日、行われた。

 C61形は国内に3両しか現存しない蒸気機関車。「20号機」は昭和24年に製造され、東北線などで活躍後、48年に現役を引退。49年から同遊園地に展示されていた。

 この日の作業では、運転室部分、台車部分など3つに切り離された総重量約100トンの車体を、クレーン車で引き上げたのち、トラックで搬送。大勢の鉄道ファンも見守るなか、約36年間過ごした公園と別れを告げた。

 JR東日本高崎支社によると、今後はさいたま市大宮区の大宮総合車両センターで、約1年かけて車体を整備。来年春以降、上越線高崎-水上間などで走行予定という。

 同遊園地の嘉藤昌宏園長は「男の子に大人気の車両だった。さびしい気持ちもあるが、往年の元気な姿を見せてほしい」と話していた。

【関連記事】
地中から「幻の鉄道トンネル」見つかる 大阪・柏原市
SLと新幹線が競演
国交相が機関士気分満喫 秩父のSL「動かしたい」
新潟駅~えっ!0系?丸顔の新幹線からお化けイカまで
財政難で「デゴイチ」解体処分へ 鳥取・大山

ガス田合意違反なら「しかるべき措置」 日中外相会談で岡田外相が警告(産経新聞)
【人・街・声】御徒町 笹本繁宏さん(87) たばこ店主が写した思い出 (産経新聞)
鳩山首相、内閣官房刷新「以心伝心の仲間増やしたい」(産経新聞)
新品種 春と秋に咲くサクラ 理研チーム(毎日新聞)
過去問再利用なし=センター試験(時事通信)
AD