性同一性障害の当事者らで構成する「性同一性障害をかかえる人々が、普通にくらせる社会をめざす会」は13日、戸籍を性別変更した夫婦が人工授精でもうけた子を嫡出子として認めることなどを民主党に要望した。

 代表の山本蘭さん(52)は会見で、女性から性別変更した兵庫県の男性(27)夫妻のケースについて、「やっと男になれたのに、男として扱われないことに問題がある。普通の男性や女性と一緒に扱ってほしい」と訴えた。現行制度では、戸籍上性別変更した記録が残されるとして、戸籍の記載方法を変更するよう求めた。

 要望はほかに、障害治療への健康保険適用や実施医療機関の拡充、学校での配慮など。会によると、障害による性別変更を認めた特例法の施行(04年)後、08年末までに1263人が性別変更したが、医療機関の偏在や治療費が高額なため、治療を断念する人も多いという。

【関連ニュース】
性同一性障害:妻が人工授精で出産…6件、嫡出子と認めず
性別変更夫婦:子供問題改善へ 千葉法相が方針
性同一性障害:性別変更夫婦の子供問題改善へ 千葉法相が方針
性同一性障害:性別変更した夫、妻が人工授精で出産 6組が非嫡出子扱い
椿姫彩菜さんが浴衣をプロデュース 京都・近江屋が販売

石川議員逮捕 「大きな闇解明を」“敵失”に勢いづく野党(産経新聞)
小沢幹事長続投 「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生(毎日新聞)
<愛知県>一般職給与4%減 2年連続抑制へ(毎日新聞)
<強盗>名古屋の吉野家 食事の後に3万円奪い逃走(毎日新聞)
ヤミ移植仲介業者との関係調査を各大学に要請―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
AD