さいたま地検は14日、所得税法違反の疑いで、セントラル総合研究所(東京都千代田区)の社長、八木宏之容疑者(50)=東京都文京区本郷=と同社元役員、森田耕一郎容疑者(54)=東京都台東区駒形=を逮捕した。同地検などは15日午前、セントラル総研などを家宅捜索した。同地検によると、八木容疑者は容疑を否認、森田容疑者は認めている。

 同社は中小企業向けの経営コンサルティング会社。八木容疑者は「借りたカネは返すな!」シリーズの著者として知られている。

 逮捕容疑は同社の顧客に対し、不動産の売却で所得隠しを指南し平成19年分の所得約2億3千万円を申告せず、所得税約3400万円を免れさせた疑い。

 政治資金収支報告書によると、セントラル総研は19~20年に中山義活首相補佐官が代表を務める民主党東京都第2区総支部に計24万円を寄付している。

 セントラル総研は自社のホームページ上で、首相直属の諮問機関として近く発足される「中小企業支援会議」の作業部会メンバーに八木容疑者が起用される見通しなどを盛り込んだ新聞記事を紹介している。

 セントラル総研は「八木容疑者個人に対する捜査なのでコメントできない。捜査には協力している」としている。

【関連記事】
“ヒルズ族”を在宅起訴 FXで1億6千万円脱税
通信教育「つがわ式」社長、所得税法違反罪で在宅起訴 鳥取地検
パチンコ攻略法販売で1億円脱税 元社長を在宅起訴
脱税で逮捕状の公認会計士、韓国で身柄拘束 特捜部逮捕へ
投資詐欺に絡み8千万円脱税容疑 会社役員を逮捕 千葉地検

「おれの負け」 場外馬券場でスリ容疑の男逮捕 警視庁に挑発電話(産経新聞)
芥川賞・直木賞 選考経過(産経新聞)
<日米安保>「核廃棄へ努力を」19日の声明概要(毎日新聞)
ほかの信者も「治療」に参加=医療放棄の長男殺害-福岡県警(時事通信)
インド洋給油活動が終了=テロ特措法失効、8年で幕-海自撤収(時事通信)
AD