平野博文官房長官は13日午後の記者会見で、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「民主党のインデックス(政策集)に記載していることは事実だが、インデックスに書いたものは全部公約なのか、ということにもなるから」と述べ、法案は必ずしも選挙公約ではないとの認識を示した。

 また、平野氏は午前の記者会見では「連立政権だから、この問題についても(与党内で)当然議論しなきゃいけない。法案の中身がある程度出てくれば、基本政策閣僚委員会で議論する」と述べ、法案提出に際して連立与党間の合意が必要であるとの認識を示した。

 一方、赤松広隆農水相が12日の民団パーティーで「民主党中心の政権で、地方参政権問題が解決するとの思いで応援してくれたと思う。その意味で公約を守るのは当たり前だ」と発言したことについて、平野氏は「そうは言ってないんじゃないか」とだけ述べた。

【関連:外国人参政権】
「参政権は民団への公約」赤松農水相が公言 選挙で支援認める
首相「日韓併合100年というタイミングでもある」
【民団新年会でのあいさつ要旨】(上)民主・山岡氏「全力で取り組む」
「理屈通らない小沢理論」帰化促進にはならず
なぜ?外国人参政権法案で歯切れ悪い自民 反対は多数だが…

志位・市田体制を継続=共産(時事通信)
阪神大震災 難病女性 犠牲の恩師に初めての墓参り(毎日新聞)
埼玉不審死、女を6度目逮捕 婚活相手から四百数十万円(産経新聞)
<お別れの会>田辺一鶴さん=2月9日、東京・亀戸で(毎日新聞)
<鳩山首相>米議員が書簡「海兵隊グアム移転着実に」(毎日新聞)
AD