民主党の小沢一郎幹事長は12日の記者会見で、自身の資金管理団体「陸山会」の土地購入問題に関し、「国民に誤解を与え、また大変ご迷惑、ご心配をかけ、申し訳なく思う」と陳謝した。東京地検特捜部が任意の事情聴取に応じるよう求めていることについては「捜査が継続中のようだ。弁護士に一任している。個別のことを申し上げるのは差し控えたい」と明言を避けた。

 ただ、「私の事務所から書類等々は押収され、弁護士などを通じて事実関係は包み隠さず話している。検察当局はすべてご存じだと思う」とも述べ、事情聴取に応じる必要がないとの思いをにじませた。

 小沢氏は「私自身も私の事務所の者も計算上のミスはあったかもしれないが、意図的に法律に反する行為はしていないと信じる」と違法性については改めて否定した。【念佛明奈】

【関連ニュース】
小沢幹事長:地方行脚を開始 自民支持層取り込みへ
舛添前厚労相:小沢氏資金問題、通常国会で追及
小沢幹事長:永住外国人に地方参政権を…法案提出を要望
小沢幹事長:新成人、井山名人と対局 逃げ切れず引き分け
山岡国対委員長:首相実母や小沢氏の参考人招致拒否の意向

大阪・富田林ひき逃げ 2審は実刑 大阪高裁(産経新聞)
センター試験 全国725会場で始まる(毎日新聞)
<器物破損>小学生3人が車壊す 11台被害、総額300万円(毎日新聞)
米国でRA治療薬アクテムラの承認取得―中外製薬(医療介護CBニュース)
<癒やしロボ>介護に活躍 呼び掛けに反応、お年寄り笑顔(毎日新聞)
AD