第142回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が14日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、直木賞が佐々木譲さん(59)の「廃墟(はいきょ)に乞(こ)う」(文芸春秋)、白石一文さん(51)の「ほかならぬ人へ」(祥伝社)に決まった。芥川賞は該当作がなかった。

 白石作品は、人を愛するとはどういうことか根源的に問う恋愛小説。表題作と「かけがえのない人へ」の中編2本から成る。配偶者や恋人とのズレてしまった関係をくぐりながら、愛すべき本当の相手をみつける姿を真摯(しんし)に描き出す。

 芥川賞の該当作品なしは第121回(1999年上半期)以来。

 贈呈式は2月19日午後6時、東京・丸の内の東京会館で開かれる。【棚部秀行、内藤麻里子】

【関連ニュース】
【候補作全リストをみる】芥川賞候補に大森兄弟、共作で初 直木賞は白石さんら6氏
<書評を読む>どんなストーリーか…「ほかならぬ人へ」白石一文・著
<ものがたりに出会う旅>佐々木譲「エトロフ発緊急電」 釧路-根室 荒波の歴史に「もしも」
<関連写真>久々に芥川賞「該当作品なし」の張り紙
<2年前は女性が独占>直木賞・芥川賞:桜庭一樹さんと川上未映子さん

大阪・羽曳野で男が猟銃発砲 3人死傷、男は自殺(産経新聞)
余っても解約条項なし=輸入ワクチン、大量廃棄も-厚労省(時事通信)
「終わって安堵している」=海自部隊、最後の給油-相手国から「ジャパンコール」(時事通信)
参院選前の新党目指す=平沼氏(時事通信)
通常国会召集 「政治とカネ」で大荒れも(産経新聞)
AD