警察庁の安藤隆春長官は14日、国家公安委員会後の記者会見で、大阪府羽曳野市の猟銃発砲事件を受け、現行の銃刀法について「問題があるということになれば、制度的な検証を行うことになる」と述べた。

 安藤長官は、現段階では「(銃器所持の許可要件についての改正が昨年施行された)銃刀法を浸透させて銃規制の厳格化を進めることが大事だと考えている」とし、捜査で事実関係が明らかになった上で、必要があれば改正内容について検証、検討すると話した。

虚偽の出会い系サイト運営=詐欺容疑で11人逮捕・警視庁(時事通信)
住宅で練炭心中か=3人死亡、1人重体-静岡(時事通信)
小沢幹事長続投 「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生(毎日新聞)
<外国人参政権>法案、通常国会へ 与野党で賛否交錯(毎日新聞)
向精神薬を譲渡未遂=宅配便で、医師逮捕-大阪府警(時事通信)
AD