東京都の石原慎太郎知事は15日の記者会見で、政府が国会提出を検討している永住外国人に地方参政権を付与する法案について「絶対反対。日本に永住する方なら日本の国籍を取ったらいい」と述べ、法案提出に反対する考えを強調した。
 知事は、地方分権が進めば「地方の行政によって国全体が動くことがある」と指摘。「国籍を持たない人たちの意向で国そのものが左右されかねない」と懸念を示した。 

【関連ニュース】
外国と中小支援ファンド=新銀行再建にも有効
待機児解消は期待薄?=保育所面積の地方委任-7割が国上回る基準・23区、政令市
議会同意なければ断念=20年夏季五輪招致で
与党の予算重点要望要旨
「義務付け」見直し閣議決定=通常国会に地域主権一括法案

将棋 久保、的確に寄せ先勝 王将戦第1局(毎日新聞)
空き巣3600万相当盗む、160キロの金庫も(読売新聞)
陸山会「損出る不動産購入」5件、預金担保に融資(読売新聞)
新規インフルエンザ治療薬が世界初の承認を取得―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
救助直前、別の車にひかれる=男性死亡、2台目逃走-福島(時事通信)
AD