鳩山由紀夫首相は17日午後、同日告示された沖縄県名護市長選に関し「どのような方が選ばれるかということは、それなりの判断になる可能性はある」と述べ、選挙結果によって、5月までの決着を目指す米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の新たな移設先の検討作業が影響される可能性を認めた。神戸市内で記者団に語った。
 首相は同時に、政府・与党の「沖縄基地問題検討委員会」に触れ、「まずはしっかりと検討していただくということに尽きる」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
3新人が届け出=宮崎市長選
稲嶺、島袋氏が一騎打ち=普天間移設の受け入れ争点
検察批判ではない=自らの発言を釈明
名護市長選をめぐる動き

橋下知事、空港をどうするか「僕が決めることができる」(産経新聞)
福島氏「強く抗議する」 北沢防衛相の武器輸出三原則見直し発言(産経新聞)
<大雪>14日にかけ日本海側中心に(毎日新聞)
沼津の漁具など指定を=重要民俗文化財-審議会答申(時事通信)
養鶏場金庫盗んだ容疑=元従業員ら3人逮捕-佐賀県警(時事通信)
AD