小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件に絡み、計1億円を同会側に提供したとされる中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)の元幹部らが、小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=政治資金規正法違反で公判中=の要請で資金提供したと供述していることが分かった。うち04年10月の5000万円は大久保被告の代理として、当時の事務担当者、石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=に渡したと話しているという。

【関連記事】陸山会土地取引:石川議員事務所や鹿島など捜索 東京地検

 水谷建設は05年春の5000万円と合わせて計1億円を陸山会側に提供したとされるが、いずれも同会の政治資金収支報告書に記載されていない。

 元幹部らは東京地検特捜部の調べに「計1億円は大久保氏の要請で提供した。最初の5000万円は04年10月、東京都内のホテルで大久保氏の代理として現れた石川氏に、2度目の05年4月には同額を同じホテルで大久保氏に渡した」などと供述。資金を提供した理由については、国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県)の下請け工事を受注した成功報酬だったと説明しているという。

 胆沢ダムの工事で水谷建設は、大手ゼネコン「鹿島」が元請けで落札した工事と、「大成建設」が元請けで落札した別の工事の計2工事で、約80億円分の下請け工事を受注。特捜部は大久保被告の公判で、小沢氏の事務所が東北地方の公共工事で「天の声」を出し、受注に影響を与えていたと主張している。

 一方、最初に5000万円が渡されたとされる04年10月は、陸山会が秘書の寮として世田谷区の土地(代金約3億4000万円)を購入した時期。土地購入に際し石川氏は同月上旬、小沢氏の手持ち資金から現金4億円を受領し、同月29日まで数千万円ずつ分散したうえ最終的に陸山会の1口座に集約していたことが判明している。このため特捜部は、こうした資金移動の際に水谷建設からの5000万円が合わせて処理された可能性もあるとみている模様だ。

 大久保氏と石川氏は周辺や調べに水谷建設側からの資金受領を否定しているとされるが、特捜部は13日の再聴取で石川氏に再度確認するとともに、水谷建設側の供述の信ぴょう性を含めて捜査を進めているとみられる。

【関連ニュース】
陸山会土地取引:強制捜査 政府内で国会運営への影響懸念
西松違法献金裁判:窓口役の部長が証言 来月26日結審へ
陸山会土地取引:小沢氏側関係先を捜索へ 石川議員再聴取
陸山会土地購入:石川氏2.8億円「寄付なかった」

志位委員長続投へ=13日から党大会-共産(時事通信)
<日韓外相会談>日米韓連携強化などで協議(毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 恒例の「講書始の儀」行われる(毎日新聞)
粗大ごみを無許可処分=容疑で会社社長ら8人逮捕-運搬後に高額請求も・警視庁(時事通信)
日本海側で大雪の見込み…九州、四国でも降雪(読売新聞)
AD