鳩山由紀夫首相は14日午前、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件に関連して、首相公邸前で記者団に党体制見直しの可能性を問われ「小沢幹事長の体制でここまでやってきた。選挙も厳しい中を乗り越えてきた。いま、その考えはない」と述べ、小沢氏が引き続き幹事長を務めるべきだとの認識を示した。

 小沢氏が東京地検特捜部の聴取を受けるべきかについて首相は「それはご本人の判断次第だと思う」と述べるにとどめた。18日召集の通常国会への影響については「できるだけ影響を与えないよう一生懸命やるしかない。全党一丸となってこういう事態を乗り越えるために頑張るしかない」と語った。【影山哲也】

【関連ニュース】
【写真で見る】小沢氏周辺への検察の捜査。秘書逮捕から代表辞任まで(09年)
【写真で見る】小沢一郎氏の政治遍歴
【特集】鳩山首相の足跡と人物像をひもとく
陸山会土地取引:石川議員事務所や鹿島など捜索 東京地検
小沢幹事長:応答せず 聴取要請から1週間

東京都の「派遣村」終了、再就職は十数人(読売新聞)
<石川衆院議員>規正法違反容疑で逮捕…4億円虚偽記載(毎日新聞)
自公、参政権では別対応(産経新聞)
<普天間移設>社民政審会長が沖縄訪問 米総領事と協議(毎日新聞)
<部分日食>日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
AD