バレンタインデーに向け、青森県八戸市のせんべい店「たちばな」と東京都目黒区の野菜スイーツ専門店「パティスリー・ポタジエ」は2月から、南部せんべいの新商品「サザン クラッカーズ」を販売する。

【南部せんべいと言えば】日本の郷土料理百選にも選ばれた「せんべい汁」

 後継者不足の中、せんべいに付加価値を付けて若い人にも食べてもらおうと開発。県産のニンジンやゴボウなど野菜の粉末を生地に入れ、チョコレートを塗った。

 5種類あり、10枚入り1500円。パティシエの一押しはニンニク入りで、わずかににおうが「青森産は食べてもにおいが残らない」と太鼓判。デートで食べても大丈夫そう。問い合わせはポタジエ(電話03・5768・3971)。【喜浦遊】

【関連ニュース】
<バレンタインの贈り物に>かまぼこ、お猪口…“脱チョコ”健闘 
<バレンタインの贈り物に>寿司もラーメンも おもしろチョコ集合
注目CM紹介:長澤まさみ、榮倉奈々 バレンタインでチョコ手作り
今から30年前、昭和54(1979)年のバレンタインデーに関する毎日新聞の記事
荒川静香:モデルとしてファッションショーに “義理チョコ否定”宣言も

センター試験前に必勝祈願、スパート(産経新聞)
民主党、党大会で参院選1次公認候補の発表を見送り(産経新聞)
<将棋>久保が羽生破る 王将戦第1局(毎日新聞)
食料難時代の切り札 「植物工場」で“未来型野菜”(産経新聞)
<岩津天満宮>受験シーズンを迎え、にぎわう 愛知・岡崎(毎日新聞)
AD