岐阜県白川村の世界遺産・合掌集落で、同村の世界遺産白川郷合掌造り保存財団と東大生産技術研究所(東京都目黒区)の研究グループが来年度、合掌家屋の耐震性能調査を共同で実施する。

 合掌家屋で同調査が行われるのは初めて。耐震性が低い場合、文化庁の許可を得て耐震補強する。

 合掌家屋は、かやぶき屋根がある白川村と隣の富山県五箇山地方の特徴的な民家。柱は礎石の上に建てられ、屋根の部材を縄や「ネソ」と呼ばれるマンサクの若木(長さ約2・5メートル、直径約3センチ)で縛り、クギや針金を使わずにできている。建物は柔構造のため、地震や強風に強いとされている。

 阪神大震災が起きた1995年以降、全国的に木造家屋などの耐震性能が課題となっていた。同村荻町の合掌集落は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、それぞれの合掌家屋は世界遺産を構成する重要な文化財に位置づけられている。このため、同財団と東大が昨年春、保存を目的に調査を行うことを決めた。

首相動静(1月13日)(時事通信)
「生活者視点の、信用できる厚労行政の実現を」-長妻厚労相(医療介護CBニュース)
「爆窃団」天賞堂以外の日本の盗品も(読売新聞)
「自衛隊は人間の鑑」…防衛省での首相訓示(1)(読売新聞)
米国でRA治療薬アクテムラの承認取得―中外製薬(医療介護CBニュース)
AD