日中韓などアジア諸国と中南米の計34カ国の外相らが参加したアジア中南米協力フォーラム(FEALAC)外相会合は16日、都内で地球温暖化対策などについて討議した。岡田克也外相は環境保護と経済成長の両立を目指す「岡田グリーン・イニシアチブ」を提案。環境ビジネス推進に向け、参加国の実務者や有識者を日本に招く取り組みなどを表明した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

法制局長官を補佐人から除外=「政治家が答弁」-平野官房長官(時事通信)
年中楽しめるサクラ開発=開花に冬の寒さ要らず-加速器で品種改良・理研など(時事通信)
<歌会始>来年の題は「葉」(毎日新聞)
普天間・同盟強化を協議=外相、ハワイに出発へ(時事通信)
震災、後世に語り継げ 神戸・「人と防災未来センター」一新(産経新聞)
AD