15日夕、関東より西の地域で太陽の一部が欠ける部分日食が起きた。国内では西に行くほど欠ける割合が大きい上、日没が遅いため好条件となり、那覇では日没直前の同5時58分ごろ、最大で太陽の約6割が欠けた。
 同日夕の那覇市の天候は晴れ。市内の公園で開かれた観測会では、子供たちが日食観測用のグラスを手に、欠けながら沈んでいく太陽を眺めた。
 国立天文台によると、那覇では15日午後4時48分ごろから欠け始め、最大で約62%が欠けた。
 日本で日食が観測できるのは、鹿児島県・トカラ列島などで皆既日食となった昨年7月22日以来。日の入り直前でも太陽を直接見ると目を痛めるため、国立天文台は日食観測用の遮光グラスを使うなど安全な方法で観測するよう呼び掛けた。 

【関連ニュース】
〔特集〕世紀の天体ショー 皆既日食
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
西日本で部分日食=日没直前、那覇で最大6割
超新星爆発後、巨大火の玉に=衛星「すざく」で発見

小沢氏や首相母らの参考人招致応じず 山岡氏(産経新聞)
核廃絶へ主導的役割を=19日訪米、市長会議で要請-秋葉広島市長(時事通信)
<陸山会土地購入>「先生に4億円返す」東京地検がメモ押収(毎日新聞)
京都駅近くのホテル 硫化水素自殺図る? 男性が重体(産経新聞)
高見順賞に岡井、岸田両氏(産経新聞)
AD