捜査書類などを自宅に持ち帰り破棄したとして、愛知県警は15日、公用文書毀棄(きき)などの容疑で、県警刈谷署地域課の男性巡査長(59)を名古屋地検に書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。県警によると、容疑を認め、「捜査書類を作成するのが苦手で煩わしかった」と供述しているという。 

【関連ニュース】
巡査長の人身事故公表せず=昨年12月に書類送検
巡査長9カ月無免許運転=更新せず、勤務でバイク
巡査長がメダル窃盗容疑=ゲームセンターで4700枚
警部、部下の飲酒運転隠す=報告受け調べず、懲戒免職

新型インフル患者数、5週連続減…年末年始影響(読売新聞)
歌会始に堺市の全盲女性 詠んだのは「心の中の光」(産経新聞)
新成人に「思いきり生きて」=鳩山首相がツイッターで祝辞(時事通信)
<訃報>武田五郎さん87歳=元横浜大洋球団社長(毎日新聞)
「ガンブラー・ウイルス」対策急げ 手口複雑化し感染拡大 盗んだID販売目的か(産経新聞)
AD