小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入に絡み、当時秘書の石川知裕衆院議員が東京地検特捜部に逮捕され、政府・与党内に大きな衝撃が走った。
 同党ベテラン議員は「検察側が(16日の)民主党大会に影響を与えようという恣意(しい)的なものを感じる」と語り、「小沢氏は(幹事長を)辞任する必要はない」と言い切った。小沢氏側近の一人も「もし辞めたら否を認めることになる」と擁護した。
 一方で、世論の反発を懸念する声も広がっている。副大臣の一人は「検察の最終ゴールが小沢氏なのは間違いない。もうかばいきれない」と表情を曇らせ、小沢氏に距離を置くベテラン議員は、「小沢氏は支持率を見極めながら進退を判断するだろうが、世論は非難ごうごうだ」と指摘した。
 平野博文官房長官は「状況がよく分からないので、推移を見守るしかない」とのコメントを出した。
 連立を組む社民党の重野安正幹事長はコメントを発表し「(石川議員の)逮捕に至ったことは誠に遺憾。真相が解明され、政治に対する信頼回復の契機となることを期待する」とした。国民新党の下地幹郎政調会長は記者団に「国会への影響がないとは言い切れない」としながらも「3党で連携を取りながら乗り切っていきたい」と語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

17人晴れ着姿で笑顔…はとバスガイド成人式(読売新聞)
ワカサギ釣り 家族連れらでにぎわう 北海道しのつ湖(毎日新聞)
“厳しさ”実感 寒中みそぎ 神田明神(産経新聞)
核廃絶へ主導的役割を=19日訪米、市長会議で要請-秋葉広島市長(時事通信)
かるた 西郷六段が12連覇 名人位戦(毎日新聞)
AD