岡田克也外相は11日夜、クリントン米国務長官と会談するため、ハワイ・ホノルルに向け成田空港を出発した。日米外相会談は12日(日本時間13日)に行われ、19日の日米安全保障条約改定50周年に合わせて日米両首脳が発表する共同声明の内容について最終調整する。懸案の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題は、米側が現行計画の早期履行を要求しており、大きな進展はなさそうだ。

 岡田、クリントン両氏の会談は3回目。クリントン氏が豪州などの訪問を前にハワイに立ち寄ることに合わせ、岡田氏が出向く異例の会談となる。

 外相会談では、鳩山由紀夫首相が昨年11月の日米首脳会談でオバマ米大統領に提案しながら移設問題の膠着(こうちゃく)により延期された日米同盟深化のための協議を今月中に開始することを確認する見通し。北朝鮮情勢についても協議する。

 日本政府は昨年12月、移設問題の結論を今年5月に先送りする政府方針を決めた直後から米側の理解を求めて外相会談を打診してきた。岡田外相は在日米軍を指揮する米太平洋軍司令部なども視察する予定。

【関連記事】
シー・シェパードにせっつかれる豪ラッド政権
「日本が原発建設意欲」と報道 イラン副大統領が発言
日米外相会談 米が普天間問題で早期決着迫る
12日にハワイで日米外相会談 米国務省発表
イランのウラン交換場所、「日本も候補」と岡田外相

<長妻厚労相>社保庁職員よ、本当のことを言いなさい 現役・OB2万人に呼びかけ(毎日新聞)
捜査員派遣を検討=被害194点、2億4500万相当-警視庁(時事通信)
文化勲章受章の金属造型作家、蓮田修吾郎氏が死去(産経新聞)
アウトドアアイテム おしゃれな日常を演出(産経新聞)
小沢幹事長に「辞職しろ」、若い男詰め寄り拘束(読売新聞)
AD