仙台市は14日、宮城刑務所(仙台市若林区)の20~70歳代の男性受刑者129人が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴え、うち2人からノロウイルスが検出されたと発表した。

 重症者はおらず、全員が快方に向かっている。

 市保健医療課によると、受刑者3人が今月3日、症状を訴え、12日までに発症者が約60人に増えたため、同刑務所が若林保健所に報告した。同刑務所は、発症者を隔離したり室内を消毒したりしたが、その後も発症者は増えた。

 いずれも感染性胃腸炎で、検査の結果、14日に2人からノロウイルスが検出された。同刑務所は「受刑者の健康・衛生管理を徹底したい」としている。

<診療報酬不正受給>山本病院理事長に懲役2年6月の判決(毎日新聞)
女優の東恵美子さん死去(時事通信)
<悪天候>強風で電線切れ 3万3000戸が停電 新潟県内(毎日新聞)
<訃報>武田五郎さん87歳=元横浜大洋球団社長(毎日新聞)
立ちはだかり、つきまとい…執拗な客引き容疑で3人逮捕 東京・町田(産経新聞)
AD