【香港時事】東京の貴金属店「天賞堂銀座本店」で高級腕時計194点(約2億4500万円相当)が盗まれ、香港で6人が逮捕された事件に関連して、10日付の香港各紙は、この種の犯行による盗品は主に中国本土の富裕層に売却されていると伝えた。
 香港では1990年代から、大型の油圧ジャッキで商店の外壁に穴を開けて侵入する手口の窃盗事件が頻発。しかし、対策が強化されたため、一部の犯行グループは日本など外国を狙うようになった。
 盗んだ腕時計などは製造番号から盗品であることが発覚しやすいので、警察の捜査能力や市民の防犯意識が高い香港は避け、取り締まりが緩い中国本土で売りさばくケースが多いという。
 各紙によれば、本土には盗品の闇市場があり、盗まれた腕時計や宝石が原価より数割安く売られている。「顧客」はほとんどが資産家で、買った盗品を転売したり、質店に持ち込んだりすることはないため、警察に察知されにくい。 

【関連ニュース】
神戸、大阪で貴金属店襲撃か=強盗容疑で2人逮捕
新型インフルワクチン盗まれる=小児80人分、病院から
パスポート二十数冊盗まれる=ビザ発給業者事務所
初売りの銀座、驚く買い物客ら=3億円窃盗事件で
銀座・貴金属店で高級腕時計盗難=200点、被害3億円相当か

男女、5回目の逮捕=不審死、窃盗事件後立件へ-「もみ合いになった」・鳥取県警(時事通信)
<ハイチ地震>日本赤十字社スタッフ 調査のため現地へ出発(毎日新聞)
<訃報>エリック・ロメールさん89歳=フランスの映画監督(毎日新聞)
ガールズバー店長骨折は過去のけが メッセ・黒田容疑者とは無関係(産経新聞)
米韓同時サイバー攻撃 目的「?」捜査難航(産経新聞)
AD