宮城県塩釜市の塩釜神社が寅(とら)年にちなんで作った「いきおい守」が年初から人気で、用意した1万個が連休最終日の11日に品切れになる珍事に。神社は急きょ、3000個の“増産”に入った。

 お守りは縦4センチ、横6.5センチ。財布を思わせる横形で800円。トラの親子が描かれ、金色のトラのミニチュア細工も付いており、「トラの勢いにあやかり、不景気を吹き飛ばそう」との願いを込めた。

 ロングセラーになっている8年前の「ウマくいく守」以来のヒットになりそうで、神社側はうれしい悲鳴。その半面、「それだけ世情が深刻になっている証拠では?」と心配している。【渡辺豊】

石川議員から3回目の聴取 特捜部、陸山会土地購入疑惑で(産経新聞)
民間人校長候補に盗撮歴発覚 問いつめられ辞退 横浜(産経新聞)
<トキ>いしかわ動物園の繁殖ケージで4羽が“新生活”(毎日新聞)
【中医協】入院早期の加算引き上げへ、15対1は引き下げを検討(医療介護CBニュース)
自宅でタンチョウ観察…15日朝からネット中継(読売新聞)
AD