警察庁の安藤隆春長官は14日、国家公安委員会後の記者会見で、大阪府羽曳野市の猟銃発砲事件を受け、現行の銃刀法について「問題があるということになれば、制度的な検証を行うことになる」と述べた。

 安藤長官は、現段階では「(銃器所持の許可要件についての改正が昨年施行された)銃刀法を浸透させて銃規制の厳格化を進めることが大事だと考えている」とし、捜査で事実関係が明らかになった上で、必要があれば改正内容について検証、検討すると話した。

阪神大震災 巨大モザイク画 防災の願い込め(毎日新聞)
龍馬伝 長崎にドラマ館 9日オープン(毎日新聞)
<交流試合>修学旅行が縁 商業高同士ソフトボール対戦(毎日新聞)
シー・シェパード 衝突海域で矢を回収 水産庁(毎日新聞)
オウム井上被告の死刑確定(産経新聞)
AD