民主党の安住淳選対委員長は8日、国民新党と社民党の選挙責任者である下地幹郎、渕上貞雄両氏とそれぞれ都内で会談し、菅政権の下でも参院選での選挙協力を継続していくことで合意した。ただ、沖縄選挙区をめぐっては民主、社民両党がともに独自候補擁立を目指す姿勢を示し、折り合わなかった。
 一方、安住氏は党本部で、民主党静岡県連の牧野聖修会長と会談。牧野氏は小沢一郎前幹事長が2人の候補者を擁立した参院静岡選挙区(改選数2)について「共倒れの可能性がある」として候補者の一本化を要請したが、安住氏は「検討する」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
【動画】菅直人首相、就任初会見
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
首相会見要旨

新薬創出等加算は「画期的」―日薬連薬価研(医療介護CBニュース)
<琵琶湖>生態系に変化 過去100年分、生物の遺骸を分析(毎日新聞)
地球帰還へエンジン最終噴射=13日夜、カプセルが豪州落下へ-探査機はやぶさ(時事通信)
谷垣総裁、参院選与党過半数なら辞任(読売新聞)
菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
AD