厚生労働省は5月26日、今年度の診療報酬改定で点数が引き上げられた救急医療管理加算の施設基準の届け出について、全国の地方厚生局に事務連絡した。

 救急医療管理加算をめぐっては、今年度の報酬改定で新たな施設基準が設けられ、3月以前から同加算を算定していた保険医療機関も再度、厚生局に届け出る必要がある。しかし厚労省によると、施設基準を満たしているにもかかわらず、届け出を終えていない医療機関が相当数あり、算定できない状況にあるという。
 通常は、届出書を月末までに厚生局が受理した場合は翌月1日から、月の最初の開庁日までに受理した場合は同月1日からの算定となるが、事務連絡では、医療機関が5月31日までに届出書を提出し、要件審査を終えた上で、同日までに厚生局が受理すれば、1日にさかのぼって算定できるとした。


【関連記事】
DPC準備病院、来年度は募集せず―中医協総会で了承
【中医協】高度医療2技術を了承
地域貢献加算、小児科外来診療料算定時は不可
明細書の取り扱い、全医療機関で院内掲示を―厚労省
有床診入基料の施設基準に係る届け出期限、26日まで延長―厚労省

介護福祉士、認知症85歳入所者殴り逮捕 1カ月の重傷負わす(産経新聞)
<ワニ料理>不登校直した家族旅行を店名に 愛知で開店へ(毎日新聞)
<強盗>ドラッグストアに刃物持った男、44万円奪う 埼玉(毎日新聞)
デスクトップアイコンを何個くらい置いていますか?(Business Media 誠)
<事業仕分け>第2弾後半の作業開始 70法人82事業対象(毎日新聞)
AD