"MP3の魔術師"の楽屋

IT雑技団の活動状況などをメインに、個人の趣味なども織り交ぜ、書けるものは何でも書いちゃえ、とかなんとか。

7/7 FRUITY V3.8.0 リリース!


メールアドレスが変わりました。
mp3magician@gmail.com 宛でお願いします。


テーマ:

FRUITY V3.9.0 リリース候補版作成しました。


スペクトラムバランスを完成させただけですが

一週間程テストで様子見して問題がなければ

そのまま正規版としてリリースします。


# ファイル配布所で公開しています。


前回のテスト版からの変更は、


・色とかプロパティ項目が増えた
・必ず全データを輝点表示するようにした


プロパティ項目は見てもらえば分かると思うので省略。


んで、「全データ」というやつですが、

これは一切の省略をせずに輝点表示するということで

以前はスペクトログラムと同様に、

ニアレストネイバー的に

「その位置(周波数)に対するデータが複数ありえる時
代表の一つのみを表示」

としていたのを「全部表示」にしたということです。


スペクトログラムの場合、

「抜け落ちて表示されない音」があっても

処理速度的に有利、及びその方が見た目が良い感じ

ということでそのようにしていたのですが

スペクトラムバランスでは「よろしくない」

との判断で全部表示にしています。


あと、対数軸は前回書いた通り

「ちょっと変な対数軸」

なのですが、周波数範囲の限定を行った場合は

正規の対数軸となるようにしました。


それからついでに、

フレキシブル・バーの範囲設定で小数点以下1桁まで有効にし、

またプロパティ設定の小数点入力が行える項目で

マウスホイールの回転による値の増減と

カーソルキー上下での値の増減が行えるように

しておきました。


ホイール使えないのは不便だなぁと気づいていて

「いつかやる」

って思っててすっかり忘却...

で、最後になってようやく対応です。(^^;



さてさて、これでスペシャルとして保留になっている

メーターは無くなり、全部で23メーターとなりました。

wikiにはまだアイデアがあったりしますが、

余程のことがない限りV3へのメーターの追加は

これにて終了。(と思ってます)

もう充分ですよね? (^^;

氷晶が... って言われそうですが

現時点ではその気なしです。ごめんなさい。


華やかさとか、綺羅びやか、派手さとか

そういうのはほぼ無いですが、

もう充分視覚エフェクトの域を超えているのでは?

とか思いますがいががでしょう。


「もう充分」

って言ってもらえると安心して休めそうですが

そう言われない方が良いような気も...

複雑な感じです。


あ、別に開発を止めるわけではないので

ご意見、ご要望などは

これまで通りお気軽にどうぞ。


んじゃ。

PR
いいね!した人  |  コメント(3)
同じテーマ 「FRUITY」 の記事

テーマ:

スペクトラム・バランスのお試し版作りました。


時間が掛るような事を言いましたが

意気込みが違ったのでしょうか、

一気にそこそこ出来ちゃいました。


では、画像をば。



先に使用した曲の説明ですが、ignited(T.M.Revolutio)の

曲の始まり部分です。

面白い形が見えます。


で、グリッドと目盛りを実装しました。

軸は線形/対数の切り替えが可能で

目盛りは最内周と最外周以外の箇所に表示されます。

最内周は60Hz、最外周はメディアの上限です。


対数軸はちょっとだけ微妙で、

他メーターのそれとは異なり

分解能の限界による「同レベルの連続」を排除しています。

なので、低周波数域が若干ですが本来の幅より狭いです。


中心から外周に向けての直線は 25% 置きに表示されます。

例えば、右チャンネルのレベルが左より 25% 高い場合は

中央の垂直線より右側に最初に現れる中心からの直線上に

点がプロットされることとなります。


また表現の範囲も変更可能(50% - 100%)です。

先ほどの曲を表現範囲 50% で見た場合はこうなります。



表現範囲とは、片側90度の範囲にどれだけ表示させるか

というものです。

上記例の 50% の場合、左右どちらかに50%以上偏っている音は

画面上に表示されないということになります。

今はメーターメニューからのみ設定可能です。


他に、レベル強調も実装してあります。

調整が必要かもしれませんが。


なお、以前のスペクトラム・バランスにあった

線で繋ぐとか、そういうのは無しです。


機能的には、既に完成形かな?と思っています

が、

要望などあれば遠慮なくどうぞ。

来週一週間位は様子を見て、

その後正式リリースを考えようと思います。


まあ、とりあえず興味がありましたら

ファイル配布所から取得してください。

表示されたイメージの通りに音が聞こえるので

結構面白いですよ。

色々な曲でお試しあれ。


# インストーラーは付属していないので
# 手動にて上書きインストールしてください。


あ、それはそうと、

これを正式採用すると以前のヤツは

破棄!

となる予定です。

これについてもご意見あればお待ちしてます。


では、では。




追記

作っている時は「枠」の表示をしていなかったので

気が付きませんでしたが、

枠を表示すると枠の下部中央が丸く削られます。

まあバグですが、テスト版なのでご愛嬌ということで。(;´▽`A``


PR
いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:

えー、V3の締めくくりとして

スペクトラム・バランスをどうにか出来ないかなぁ

と思いちょっといじってみたら

なんか面白いことに。



軸は線形軸で、高周波数になるにつれて

傾きをつけてみました。

要するに白色の半円(これは後で足したもの)内で

放射状にバランスを表現します。

静止画だから伝わりにくいかもしれないけど

バランス状態が分かりやすいのと描画が面白いです。


音に広がりがあり一定の方向を向いていない(高音が)場合



こんな感じになります。


あとね、こんなのも。



見えるでしょうか?

右上に向かって尻尾のようなものが伸びてます。

これね、画像から想像できる通りの音がするのですよ。

わかります?


ということで、ちょいと本気でこれを仕上げてみようかと。

今はね、いつもの通りやっつけの計算処理で

領域をはみ出して描画していたりするので

それをきちんとして、かつ

軸も本物の対数軸には出来ないけど低域部も広げて見れるようにとか

半円のグリッドとか色々盛り込んでみたい

と、意気込んでいたりする

とかいないとか?

あ、いやいや、意気込んでいるわけです。


まあ、今はちょっと時間がないので直ぐには仕上がらない

とは思いますが、今月中か来月初旬にはお見せ出来るものを

と考えてます。

なので、ご意見などあれば、お気軽にお願いします。


いよいよ、本当の最終開発かなぁ?

それはそうと、誰かフェイスを作成しておくんなまし。


では、では。

PR
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード