"MP3の魔術師"の楽屋

IT雑技団の活動状況などをメインに、個人の趣味なども織り交ぜ、書けるものは何でも書いちゃえ、とかなんとか。

メールアドレスが変わりました。
mp3magician@gmail.com 宛でお願いします。
NEW !
テーマ:

リリースがちょいと遅れそうなので、

追加予定のフレキシブル・バーを紹介。


では、動作画像。



これだけでなんとなくわかると思いますが

レベルをバーの形で表現するメーターです。

といっても、サイズは自由なので正方形とか

そんなのも全然OK。


一応画像を説明しておくと、

縦長の青いやつはピーク値、

中央の横長の青いやつはVU値、

オレンジの4つはスペクトラム値です。

どれもチャンネル設定は左右独立で

ピークは下から上、以外は中央から外に向けての

描画となっています。


描画の形式は2つで

塗りつぶし型とブロック型。

どちらもピークホールド可能。

んで、数値表示も行えます。


対象と出来るレベルは画像の通り3種類(今のところ)で

処理範囲は任意指定可能。

処理範囲とは、画像の例で言うと、

ピークは-20~-10、-10~-5、-5~-4、以降1dB範囲

という感じで中央から順に配置してます。

VUは-∞~-9dBfs、スペクトラムは全範囲です。


触ってみないとよくわからないと思いますが

まあ、色々なデザインが出来るのではないかと。


細かい説明はリリース時にするとして、

配置は変えずに設定を変えたものを

幾つか紹介。




グラデーション階調も自由です。

画像ではピークを3段階にしてます。

それぞれ、描画の方向が変わってますし

スペクトラムはブロック形式の5段階。




ブロック形式は2種類あり、サイズ or 個数の指定ができます。




まだ実装途中ですが数値表示は縦型用にもできます。

画像では、左チャンネルにdB、右チャンネルに%を表示させてます。

dBは自身の表現範囲に関わらず現在値を、

%は自身の表現範囲内での描画割合を表示します。

あと、任意文字列も表示可能(の予定)。


ブロック数が多いと少々負荷が掛かりますが

軽い部類のメーターなので、

細かくいっぱい配置して

フレキシブル・バーのみでプリセットを構成するのも

有りかもしれません。

ユーザープリセットは6つ増えますしね。



では。

いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「FRUITY」 の記事

テーマ:

今月末リリース予定のV3.5ですが


遅れそう。(´・ω・`)



理由?


時間が取れないから。



十分時間が取れると見込んでいたのですが、


甘かった模様。


まあそれでも、そんなに遅れないとは


思っているのですが。




後ね、アニメ成分が不足してるから、かな。(;´▽`A``


はぁ?


とか言われるかもしれませんが


これね、結構マジッす。


わかりますよね?


わかってもらえますよね? > アニメ好きな方


ってことで、アニメが見れたら早く進むかも。




もう少しお待ちくださいませ。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

サポート板にて要望が来ました。

正直、大変嬉しいです。


ということで、

サポート板で返答することができるのが

いつになるかわからないので

ここで回答してみたいと思います。


何のことかわからない方は

まずはサポート板にGo!です。



スコープ線の太さ調節


線のサイズを調整するだけなら可能ですね。

ただ、アンチエイリアスってことになると現状ではNGです。

DirectX(Direct2D)を使用することになりますが

現在の開発環境ではとんでもなく大変!

自力でもできなくはないですが、

それだと速度がでない。

もしV4があるとすれば、その時にですかね。


スコープの線形補間の調整


ベジェ曲線とかってことになるかと思いますが

周波数毎にとか言われてますし

速度の問題もあるのでこれもほぼNGでしょうね。


スペクトラムスコープでのレベル強調・シャープネスの調整


やってできなくはないですが

設定を考えると、ほいほいとOKを出せないです。

まあ保留ってことで。


スコープの残像表示


フェードアウトってことだと思いますが

ウェーブスコープでやっているのでやればできます。

ただ、ウェーブスコープ(ロールモード)を見てお分かりだと思いますが

フェードアウト機能をつけているので(実際はそれだけではないけど)

グリッド表示ができなくなっています。

これもやれば出来るのですが、速度の問題で

表示しないようにしています。

グリッド表示無しで良ければ、取り入れても良し!な感じです。


プリセットに画像を重ねる


これは画像表示メーターで良いのでは?

スペシャルモード用の機能なのでご存じないのかも知れません。

もう機能はこのままで通常機能にする?


最大FPS調整機能


これは不可ですね。

視覚エフェクトは自身でFPSを決められません。


ピークメーターの周波数範囲指定


基本的にピークメーターは全ての音が含まれる波形の

ピーク(つまりは音量のピーク)を表すものなので

とりあえず無理、というかNG。

逆フーリエ変換とかすれば可能でしょうが

それをするには視覚エフェクトが扱うデータはしょぼすぎて

やっぱり無理です。



ってことで、大変嬉しい要望ですが

どれも難しいです。

やってできなくはないものも有りますが

速度的なことや需要と供給のバランス的なことにより

現時点では無理っぽいです。

DirectX化すると、表示関係は大幅な機能アップが出来るのでしょうけど

やるとすればV4でしょうね。


無理!ってなることが多いかもしれませんが、

今後も遠慮無く色々ご意見頂戴したと思いますので

よろしくです。>皆様



では。

いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード