1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-07 21:06:31

Euro 2016

テーマ:France
ヨーロッパのサッカーはレベルが高いと皆が言う。どういうことか。
フランスとドイツの試合でPKを見て"It was a great penalty"と英国人の解説者が解説する。見る側もプレイをする側も、プロスポーツが身体動作の極みを追求する事であることをよく理解している。Jリーグの多くのスター選手が海外に渡って初めて直面する違いはまだ沢山あると思うけど、それでも、海外経験者が増えてだんだん経験値も高まりその違いの認識がプレーヤーの中では濃くなってきていると思う。まだ見る側解説する側は追いついていない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-06-30 19:24:02

Euro 2016

テーマ:UK
{ACA2333D-2CFB-4454-AB1B-BBBFD3F124EC}

Ryan Giggsがイングランドとアイスランドの試合についてコメントしている。

"After the second goals being conceived, all players got shrunk and nobody were big, did not want balls."

英国は概して解説力に優れていると思う。

David Bowie生前、彼のお抱えであったロンドンのジャーナリストがロンドンの博物館がなぜ世界一成功しているかの理由について同じく「解説力」を挙げていたのを思い出した。同じく解説力の熟成とともに、一つの言葉がその状況に応じて共通の認識がなされる受けての理解力の熟成も長い時間を経ていることを感じる。


日本語で直訳すると
「2点目を奪われてから、すべての選手が縮みあがって、誰もボールを欲しがらなかった。」

選手の心理状態と身体動作の関連した一場面を非常にシンプルな、訳すと稚拙ささえ覚える言葉で、深く的確に状況を描写できる。そこに落ち着いた姿勢が伴うのだから、敵わん。

Past is written, future is not.


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-12 12:07:14

映画のプロデューサー

テーマ:UK again
ロンドンに来る前に音楽に携わることは決めていたけど、これに関わる事になるとは想像していなかった。人生は面白い。Tobias Marshall.
007スカイフォールで下積みをした新人監督の一作目にプロデューサーとして参加要請の声がかかった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-20 11:55:15

ロンドンの春

テーマ:UK again
{FC02A2BB-FEBE-48BE-B996-ED05C1DC0120}
森嶋瑤子さんにお目にかかりお話を伺うことが出来た。とても不思議な縁です。
車でヨーロッパを10回縦断されたという。楽しそうだ。

{1D66F74A-6FFE-4AA9-BCDE-9E28CE9EAEEF}

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-10 22:17:17

London TUBE での光景「ロンドンでも桜が咲いています」

テーマ:UK again
ロンドンTube。多くの乗客がその日配られる無料の新聞を回し読みします。2016年4月、スマートフォンに引きこもっている人の数は圧倒的に東京、ニューヨーク、バンコクと比べると少ない。また、当初自分が最も苦手だったが、初めて顔をあわせる人とヒョイっと会話が始まる場面がたくさんある。いきなり興味任せに全員に話しかけるというのではなく、自然な「誰かに話したい。」「自分を知ってもらいたい。」「他人のこと、世界を知りたい。」という気持ちを、こっそり隠しながら、何かしら機会がないか探りながら待機している人が多いといったような感じだろうか。話しかけたり、それに応じることが、当たり前な文化それを見て育つ子供は同じことをする。勿論どこでも同じで、英国内も引きこもりだったり、スラム街の銃犯罪などいろんな問題があるけれど、違う国にいるということは、それぞれのいいところ悪いところがあって、自分にとっての良いとこ取りをして、悪いところを改める、そんな風にここにいる幸運を活かしたいものです。

In London tube. Many people get on to the train and read daily free news papers. After they read, they leave it on the seats before they get off. New people take those seats and get to read it again. It's quite common here, but not Tokyo, New York nor Bangkok.

{25B58D09-B7F7-4A0E-80AD-84979FDAD2CF}

{43B3676B-B1ED-43D5-8FAE-3B98CA65DF71}

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-03 19:32:24

Mila Falls

テーマ:UK again
リミックス制作に参加させていただいたMila Fallsよりロンドンのプライベートクラブへゲスト招待を頂いた。

ロンドンのまさに中心の中心。

生ライブを聴きながら、話もできるし、プロジェクトを語ることができる。

終演後は車で一緒に帰って、Chipsをおごってもらっちゃった。

2大プロジェクトが動き始める。

{B4630675-24E5-47A3-8982-9A10DD12C96B:01}


{40EE159F-A437-4A4A-9F0D-E7AA8F686E49:01}

{B8383512-C977-4ECF-B34C-B908B18CC0BF:01}

{716A8EE6-8735-4193-8AF6-94770EE78B58:01}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-07 22:31:20

New Office.

テーマ:UK again
{B5458D39-D7C1-4335-829D-03A29DDA2591:01}

My meeting place turned into this from start of the year. Brilliant.
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-04 06:00:37

Taylor Swift - Out of woods

テーマ:UK again

12月31日にユーチューブアップしたPVは3日間で1200万人のヒットを超えた。


彼女の最近のリリースの中で、個人的にはチャート一位になるHOOKがあるとは思えない。


ブランド力だけで曲は売れるものなのだろうか、注目したい。





















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-25 08:10:52

AdeleとKinki Kids

テーマ:UK again
Adeleの新曲が、山下達郎が書いた「硝子の少年」に似ている。
Million years ago that Adele's new track sounds similar to the Japanese pop song called "GARASU no SHOUNEN"
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-21 11:34:21

White tiger

テーマ:UK again
http://youtu.be/UrqzomU_nCo

まだ世の中はこの人の事をあまり知らない。

ロンドンは発信している。

近々会う事になる自分は幸運だ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。