本日の通勤模様

テーマ:

今日は浅草線が人身事故で遅延。
最寄り駅で事故がおきてたんだよね。

急いでバスに乗り換えたんだけど、
駅にはパトカーや救急車がたくさんやってきてました。




乗った都バス、
やはりいつもより混んでましたよ。

そして、
途中で前のドアが自動で閉まらなくなりますた。
開くんだけど、閉める時に何かにひっかかっている様子。


一人のお客さんが「○○までならお手伝いしますよ」
と申し出てました。
そのお客さんが降りると、
近くにいた人が「僕が引き継ぎますよ」って...

都バスにのって通勤してる人たちって、
どこか親切なんだよね。
#結局運転手さんは降車も乗車も
#後ろのドアからにしてもらうってました。


ワンマンだから運転手さんは
運転しながら営業所と話をしてました。大変よね。
しかしだ、その営業所担当がちょっとひどいのよ。
配車が大変なのはわかるんだけど、
「そのままもう一往復してくれ」って言ってマスタ。


えーっと、つまりだ。
停留所A <--> 停留所Bを往復している路線バスです。
今、停留所Bへ向かって運行してます。
運転手さんは停留所Bで
車両交換なり何なりできないかと話をしています。
でも営業所の人は、停留所Aまで行って欲しいと...


えー、もうちょっと何とかならんかね。

きっとあの時乗客全員が運転手さんの味方でしたよ。


まぁそんなこんなで15分くらい遅刻するかと思ったのですが、
ギリ間に合ったってことは、
「仕事しろや」ってことか...

AD

復帰か!?

テーマ:

どもども、もぞです。
しばし更新をお休みしてました。

特に大きな理由はないのですが、
外出のお仕事が多かったのもあるし、
書くモチベーションがあがらなかったのもあるし。
↑こういう時期もあるよねってことで。




また書きたいなぁ~と思ったのは、
植木等さんがお亡くなりになったことです。




その昔、コピーライティングの授業で、
脚本の勉強をする機会があったのですが、



「悲しいことを"悲しい"と言っちゃったら、
 悲しさが伝わってこない。」



といわれたのをものすごく覚えてます。



「悲しい」という言葉にしてしまうことで、
「悲しさ」が固定されてしまうというか...
逆に「悲しい」ことを一見関係のなさそうな方法で表現すると、
ものすごく奥行きが出てきて、
「悲しさ」が波打つかんじがするんです。


「植木さんてそいういう喜劇役者さんだったなぁ」と思って。
喜劇役者なんだけど、どこか哀しいところもあって。
↑コレを「粋」っていっても良いかな。




最近は何でもストレートすぎちゃって、
「粋」なことが少ないっすね。

AD