昨日書こうと思ってたんだけど、
なんか上手くまとまらないので、
「雑感」という形にしました。

---

バレンシアGP決勝は、結論からいうと
レース内容はちょーっと物足りなかったような気もします。

前回のポルトガルGPでポイントリーダー:ニッキー・ヘイデンを
8ポイント差で逆転した、昨年度王者ヴァレンティーノ・ロッシが、
なななーんと、5周目で単独転倒ってなんだそりゃ。

でも、レース前のロッシとコーリンの握手、
ニッキーとダニの握手は非常に印象的でした。
レース後のニッキーとロッシの握手も良かったなぁ。
特にレース前のニッキーはダニに対してまったくもって普通に接しており、
(握手した後、親指立ててウィンクまでしてた)
「ホントにいいお兄ちゃんだな」とえらく感心です。

---

負傷欠場のセテ・ジベルノウ(ドゥカティ)の代理出場をした
今年度SBK王者トロイ・ベイリス(37)がブッチギリで優勝、
2位は同じくドゥカティのエース、ロリス・カピロッシ(33)。
ドゥカティのオッサンパワーが静かに炸裂、嬉しいです。

レース後、ベイリスがやたら水をツナギの中にぶっかけてたんですけど、
アレはアリなんですか?

---

チームオーダーならぬ、メーカーオーダー(?)なかんじの
ホンダのロッシ包囲網は面白かった。
しかもロッシの直前をケーシー・ストーナーが
ぴったりマークしてるあたり。
#ケーシーは後半ほぼ全レースで恒例のようにこけてました。
#そういや、今回ケーシーがこけたの全く放映されてませんでしたね...

---


いやいや、この1年、ホント波乱でした。
波乱だっただけに、ライダーたちの人間性が出たりして。
でも変にイザコザもなくステキだなぁと思いますた。


最後に、ニッキーのお尻 かわいかった。



今年も終わってしまいましたね。
もうだいぶ決まってしまいましたが、ストーブリーグも楽しみです。

中野王子もコニカミノルタとの正式契約が発表 されましたし。


MotoGPファンの皆さん、一年間おつかれさまでした。
また来年も頑張りましょう☆

AD

今日からバレンシア

テーマ:

もう最近コレしか頭にないです。
時差があるので、フリー走行は15時くらいからかな。

予選・決勝の走行時間(HRCのサイト)

でもでも、今日はおデート(相手は女子)☆
うれしい。
久しぶりに酒が呑める。
ごはんも美味しい神楽坂のお店にしました。



っと。
その前に検証終わらせなくちゃ。
↑まだトラブルひきずってる人。

AD

オレンジな気分

テーマ:

↑なんてメルヘンなタイトルをつけてみる。


さて、今週末はバレンシアGP、
とうとう今年も最終戦ですよ。


ロッシの追い上げ、レプソル・ホンダチームのアクシデントなどなど、
最後まで波乱含みのMotoGP。
ロッシはキライじゃないけど、
ニッキーとダニに頑張ってほしいなぁ。
#「特攻作戦」はやめてね。

この記事 が「ヤマハvsホンダ」の仁義なき戦いっぽくて面白かった。



個人的には、
ロレンゾが気合入れてゴールデン・チュッパチャプスで決勝に臨んだのに、
ドヴィチオーゾさんに年間タイトルもってかれちゃうとこが見たい。
↑アンチ・ロレンゾ

↓ロレンゾさん
通常(コーラ味) ...ドヴィチオーゾの後方走ってます。


ゴールデン




AD

怪傑ぶひっと。

テーマ:

今日久しぶりに他の案件こなしてきた。



ぶひっと参上、ぶひっと解決☆
怪傑ぶひっと ただいま健さん。



てな具合に小1時間で終わった。


自信喪失気味だったので、2時間くらいもらってたんだが。

なんだよ、ツイてないのやっぱあの案件だけなんじゃん。

ニッキー・ヘイデンの悲劇

テーマ:

Google Videoで見つけてしまいました。

2006年 MotoGP 第16戦 ポルトガルGPでの
例のレプソルの悲劇です。
ニッキーの心中お察しします。


Nicky Hayden Dani Pedrosa Crash MotoGP round 16



ダニさん、最終戦のバレンシアではレプソルで1-2フィニッシュを決めて、
ニッキーを年間チャンピオンにしてあげてください。

ついでにYouTubeでGASのCM見つけた。


Nicky Hayden GAS Spot

まだニッキーの髪が長くてちょっとキモイ。

美容院のシャンプー

テーマ:

昨日、作業後に美容院に行ってきた。
前回パーマかけたのが8月20日だから、
2ヶ月くらい。
ペース的にはちょうど良いとおもうんだけど、
みっともないくらいパーマがとれてたので、
「やっと☆」ってかんじ。


なんかものすごく髪が痛んでたらしい。
体が持ちこたえてる分、そっちにダメージが行ってたのか...
#だからパーマとれるのがはやかったのか...


昔、何かのドラマで、いじめられてる女子高生が、
美容院でシャンプーをしてもらうのを自分へのご褒美にしてた
ってのがあったのだが、その気持ちよくわかるわぁ。



先のブログ で、pekoくんに「塞翁が馬だよ」と励まされたけど、
(pekoくんThanks☆)
システムトラブルが続いているからといって、
「良いことの前兆」とも「悪いことの前兆」とも思ってなく、
ただひたすら1つずつこなして、嵐の過ぎ去るのを待つのみってかんじ。
うーん、どちらかというと、
タタリ(一連のトラブル)のなすがままだな。
明けない夜はないし、やまない雨はない...と信じたい。


よくよく考えてみたら、このいわくつきシステム、
キッティングをはじめた頃からいろいろあって、
かれこれ3ヶ月近く様々なトラブルに見舞われている。

なので、今ものすごく感覚が麻痺してしていて、
自分が正常な感覚で生活できてるのかどうか

本人にはもうよくわからんです。

ちょっと器が小さくなってるというか、
他人のボヤきが許容できなりつつある気がする。
ちょっとした甘えが許せないし、
イライラしやすくもなってると思う。

自覚はあるんだけど、なんか今はどうにもできないのよ。



やっぱ、あんまし正常な状態じゃないな。

いま相当弱ってます。
体力的にも精神的にも。

本気でお払いに行こうと思う次第。


それくらい、ごく稀に発生する現象に見舞われたり、
バックアップがやっと軌道にのったタイミングでのハードウェア障害、
突発的に起きるアプリケーションエラー(その後再現なし)、
しまいには、ディスプレイの故障などなど、
次から次へと同じシステムで発生しています。

「コレはタタリじゃ~」
とか言ってても誰にも不思議がられないくらいです。




そんな状況下なのに心のどこかで、
「コレ、アタシに関する祟りじゃないよなぁ」
とだけは確信している。
担当営業なのか、マネージャなのか、お客様なのか...
誰のだかはまったくわからんけど。


何のタタリなのかはわからんけど、
困らせようと思っていろいろ仕込んでも、
矢面に出てくるのが目的とは別の人(アタシ)なもんだから、
余計にヤキモキしてるかんじ?

そしてアタシにちょっとだけ申し訳なく思ってると思う。

その証拠に、アタシの私生活においては全く平穏。
むしろタイミングが良いくらい。
ろっちゃんも元気だし。




本気でお払いに行こうと思う反面、
アタシがお払いしてもダメな気がする今日この頃。

どなたか無料で霊視してくれる人いないかなぁ。
↑こんなにまいってるのに、そこにあまりお金はかけなくないの図。

役者魂!

テーマ:

「ヴェニスの商人」
ルールを強行した男が、
逆にルールに縛られて泣きをみる話。
昔からこういう人っていたんだね。

なんでシェークスピアを思い出したかというと、
昨日「役者魂!」を見たからです。
フェミニンなスタイリスト(♂)の名前が
「アントーニオ」だったんだな。


物語や登場人物の構成も
シェークスピア・メソッド(勝手に命名)だし、
(「人生何が起きるかわからない」
 ってのがシェークスピア喜劇のお約束ですよね)
松たか子ちゃんが主演だし、
脚本は三谷幸喜だと思って見てました。

でも「踊る」シリーズの君塚さんなのね。




君塚さんもドタバタ得意だけど、
今までの作品は、サブストーリーの動かし方が
シェークスピアとちょっと違うように思う。


三谷さんも含めて3人とも
1つの物語の中にいくつかのストーリーが動いてるんだけど、
君塚さんのはメインの物語とサブの物語のメリハリがある。
シェークスピア(&三谷幸喜)の方は、
メインとサブの重さがあまり変わらないというか、
全部一緒くたに平行稼動しているかんじ。
#結果、視聴者目線の主役が1人+多数の準主役という構成になる。

まぁそんなへ理屈いいや。
シェークスピア好きな人が見たら、
ちょっと面白そうだなと思ったの。


昔(もう10年近く前よ)、
松たか子ちゃんに似てると言われたのもあるので、
なんとなく贔屓して観てみようと思います。