映画検定

テーマ:

先日「オタク検定 」なるもののニュースが世間を駆け抜けていましたが、
このたびキネマ旬報にて「映画検定 」なるものを実施するようです。


【4級】

20代、30代の若い世代の方を対象とし、90年代以降の作品を中心に、映画史では欠かすことの出来ない古典や、監督、俳優、簡単な映画用語を含む、基礎知識を問う。映画ファン入門コース。



【3級】

映画全般を通して、映画史に欠かすことの出来ない古典、多くの観客を集めた作品、映画会社、監督、俳優、スタッフや簡単な映画用語についてを問う。映画ファン初級コース。



【2級】

映画全般を通して、映画史に欠かすことの出来ない古典のみならず、B級作品、カルト作品も対象とし、映画についてのあらゆる角度からの問題を問う。映画史、映画用語、興行関連なども対象とする。映画ファン上級コース。



【1級】

映画全般を通して、あらゆる映画をあらゆる角度から問う。また映画史、映画用語、興行関連など映画周辺の知識についてもより深いレベルで対象とする。映画ファン達人コース。




おぼろげな記憶をちゃんと整理したら、
4級、3級くらいはイケると思うんだよね。
2級くらいは欲しいなぁ。
#興行収入などは興味ないから1級は無理だな。

4月上旬から申し込み開始のようです。

職務経歴書の資格欄に「映画検定 ○級」って書きたいよん。

AD

オクラ

テーマ:

オクラ好きですか?
アタシはすごい好きです。

チビッコの頃は、ちっさい☆を
たくさん食べてるみたいでウキウキしたし、
大人になった(?)今では
ネバネバとシャキシャキの食感がたまりません。



お昼に「いかオクラ丼」を食べたのですが、
かかっていたダシがとても美味しかった。



アレだな、
夏だったらキュウリを混ぜても美味しそうだな。

AD

いっこ出世しました

テーマ:

本日内示をもらいましたクローバー

良かった、来月から役職手当分お給料があがります。

これでケーブルテレビをアナログからディジタルへ変更できるかも☆


でも研修とか受けないといけないらしい。

↑息抜き気分でいいですか?

AD

コワい夢

テーマ:
顔の産毛がすごく伸びた夢を見た。
客先で打合せ中に頬に手が触れて違和感に気づいて、
おそるおそるトイレにいって長さをチェック。
8mmくらい伸びてる。産毛だからぽわぽわなの。
しかも左頬下部分のあたりだけ。
怖い。

もうね、アタクシへきえきしてるのですよ。



いくら頭がよくても、資格いっぱい持ってても、

容量の小さい人がリーダーやらんで欲しい。
要望が周りくどくて意味わかんないし、
混乱してキーキー言われるとマジでむかつく。
「お前は女の腐ったのか!?」女のアタシが言ってやりたい。
しかもナニゲに偉そうだし。



だいたいやね(以下、竹村健一口調)、
プロジェクトリーダーとかマネージャーが
トラブル起きたときに「大変大変祭り」になってどうすんのさ。
「大変だ」「忙しい」「なんとかしろ」言ってて
褒められるとでも思ってんのかね?
ちがうでしょ、アンタたちの仕事は対極的に違うでしょ?
#「ごめん、助けて、なんとかして~」って言われた方がまだやる気でるわ。



( ̄‥ ̄)=3 フン
アホかっちうの。手ぇ抜くぞ、コノ野郎。

フライング

テーマ:

今朝、マチコからケータイメールが届いた。


---以下無断引用---
やばい、本物のUFO見た!
昨日の夕方、文花のオリンピック屋上駐車場に車止めると、
警備員のオジサンが空見上げてるので俺も見たら、
押上方面上空に黒い円盤型のUFOが一機いた。
かなり高い上空だったけど、変な蛇行飛行して、
空中で止まって揺れてたから飛行機じゃないと思う。
その後、俺だけだったのかも知れないが頭の中に声がした。
「新東京タワー造るなら、甘太郎か大戸屋テナントに入れてくれ」と。
4月1日、マチコより
---


日付指定送信に失敗したらしい。
親切な姉は「早すぎたな、マチコ」と
ちゃんと指摘しときました。



たしか3年くらい前の4月1日にも
同じようなUFOネタのメールをもらったなぁ。

※マチコは押上近辺に住んでます。

キハクがキハク

テーマ:

最近のとっちゃんの流行語です。
気づいたらスティッキーズにメモしてあったらしい。
(とっちゃんの自宅PCはBSDがベースのMacちゃん)

何の番組で誰が言って、何でメモしたのかは覚えてないけど、
最近ことあるごとにこの言葉が飛び交います。
スキージャンプ原田選手の引退記者会見を見ては
「この人はまさに"キハクがキハク"だよね」ってな具合に。



漢字にすると「気迫が希薄」。


最近はきっと絶対手下ども(部下)を叱る時に使ってると思う。
「おマエ、気迫が希薄なんだよっ!」って。




勝負どころで気迫が希薄な人は
何をやっても絶対勝てない。



何もね「スポーツマンとしてのプライド云々」とか「会社の発展のために」とか、そんな立派なこと考えてなくてもいいと思うの。


急ぎのドキュメント作成を片付けて「もう絶対今日は定時で帰る」とか、

障害対応時に「何が何でもこの状況を進展させて、お昼食べたい」とか、

それくらいの志がちょうどいいと思う。
そういう泥臭い個人的な気迫の方が強いし確実に成果が出る。


そういう泥臭い気迫を生むには心の底に対象(スポーツとか仕事など)への「誠意」ちうか「愛(リスペクトに近いかんじ?)」が必要不可欠だと思うのですよ。
「愛」がある分"ないがしろ"にできなくて個人的な欲求との葛藤が強くなる。
「愛」がないのなら、定時で帰ればいいし、

お昼だって好きな時に食べたらいいと思う。
それに「愛」がなかったら、どんなに気迫みなぎって見えても鼻息の荒い勢いだけのポーズになっちゃう。


似ているけど、異なるモノは「闘争心」
「闘争」には必ず誰か競争相手がいる。
相手を負かすことが目的になっちゃったら、相手が居ない場合には成立しないでしょ。それは、己のプライドを満足させたいだけであって、あんちゃんに「そこに愛はあるのかい」って聞かれちゃうワケですよ。



昨日、森昌子さんが復帰会見したのを見ましてね、
彼女「生活のためです、歌があってよかった。」って言ってた。
「歌うこと」を心からリスペクトした上で、
生活の手段として「歌うこと」を選ぶのは、
静かだけど最強クラスの「気迫」なのかもしれない。


そういや、ローリングストーンズも、へレスでコケたロッシくんにも

気迫がみなぎってたな。

へレスGP

テーマ:

各クラス(125cc、250cc、MotoGP)に
表彰台を狙える日本人ライダーが居るのは
嬉いですな。

【125ccクラス】
予選の際、KOYAMAX が左足首を骨折した
なんてニュースがありましたが、
なんとか完走して12位、ポイントを獲得しました。


話はそれますが、

今KOYAMAXのサイトを観てビックリ。
あれれ、カッコつけてどうしちゃったの?
このサイトはコヤママがとてもいい味出してます。



【250ccクラス】
調子の良かった青山周平くん が大コケしちゃいました。
コケたというか、バイクに振り落とされて置いてかれてましたね。


また、3位争いで大奮闘したのがゴーゴーユウキバーガー(高橋裕紀 )
レース中盤まで3,4位からちょっと離されて5位を走っていたのに、
ラスト数週で3位~5位がめまぐるしく入れ替わるデッドヒート!
結局鼻差(っていうの?)で4位になってしまいましたが、
今シーズン中に彼は表彰台に上るんじゃないだろか?

【MotoGPクラス】
レース開始早々、ロッシ(昨年王者)が大コケ。
でも彼のマシンはエンジンがかかったんだよね。
※レース用のセッティングではコケルとエンジンがかからず
 通常はリタイアになります。
そしてポイント圏内の14位、ものすごい強運☆


それにひきかえセテ・ジベルノウ...
今年もマシントラブルですか。
運がなさすぎというか、何か祟られるようなことしたんじゃ...
変に神経質になってるんじゃないかなぁって気もする。


さて、レースは全体的にDucati Marlboroのカピロッシのペース。
ブリジストンが物凄く頑張って開発してるんだろうなぁ。
カピロッシ(ちっさいオッサン)との相性も良いんだろうね。
彼はかつて原田という日本人ライダーの脇に突っ込んで
チャンピオンをモノにしたことから、
日本人からはカピロケットと呼ばれて敬遠されがちなのですが...
もう8年も前のことだし、奥さんものすごい美人だし、
そろそろ水に流しませんか?
ビアッジに比べたら、ぜんぜん良いオッサンだと思うですよ。


そして大注目はダニエル・ペドロサ(今期はDaniと表記らしい)。
あっという間に、中野くん、マルコメくん、ニッキーをかわして、
ぶっちぎりのカピロッシに追いつく勢い。
でもまだタイヤの使い方に慣れてないのかな、
途中から力尽きてきたかんじでした。
それでも2位です、次戦以降、非常に楽しみです。



いやー、
18時から22時半までの生放送、
ビデオとってたにも関わらず結局全部観ちゃったYo。


余談だけど、似てるモノシリーズ

カピロッシさんとガーゴイルさん

カピロケット 見ちゃいやん

どちらも悪魔顔です。
どちらもう○こ座りが得意です。

「The End」の名前は「ターミネーター」と同じニュアンスだったのね。

The Endのこと「ちょっとエイリアンっぽい」なんて言っててごめんね。
アネモネのことちゃんと考えてたんだよね。
アンタすごくいいヤツだよ。

The Endが振り返った時、穏やかでイイ顔してたし、
アネモネを放り投げる方法もかわいかった。
白いのの手もかわいかった。
今更だけどThe Endはモーグルっぽい動きをするよね。


モノ言わぬThe Endや白いの(ガリバーって言うらしい)が
物凄くイイ間で演技(?)してるのを見て
「最近のアニメってすごいなぁ」と思いました。


脚本はまたしても野村祐一さん。
DVDのスペサルインタブーを読むと
恋愛担当だったらしいです。


しつこいようですが、
彼はセリフを感情を間接的に表現するのを
得意としてます(と思う)。
今までアネモネを心配しつつも静観していたThe Endや白いのが
一気に行動を起こしたかんじが伝わってきました。


アネモネの独白も
「苦しい」とか「生きていたい」といった
直接的な言葉はより強く、
「過去形」とか「小さな手鏡」といった
単体では関係なさそうな間接的な言葉ですら
とても強く響いてきました。
情念の脚本家ですな。

しかしなんだよ、The End消えちゃったよ。
すっげーイイ顔して消えちゃったよ。
ニルヴァーシュもボロボロになってたし、
どうすんのさ。


来週はとうとう最終回、1時間スペサルです。

みんな、生きて倖せになりましょう

サクラと○○○ビル

テーマ:

本日午前半休取得してしまいました。

お腹の弱い子でごめんなさい。


そんなワケで出勤時に少し時間があったので

隅堤をぶらぶらと。

サクラはまだ五分咲きです。

明日雨降るらしいので今週末あたりがピークかな。

サクラと○○○ビル

やはり遠景がピンボケてます。

と思ったら、ずっと接写モードで撮影してたくさい...orz

※手で小さいレバーを接写と遠景を切り替えるタイプらしい