中上貴晶くん

テーマ:

MotoGPでは若手ライダーの育成のために、
アカデミーを設立しています。
今年、日本からも合格者が出たんですよ。



中上貴晶選手の公式BLOG
TAKA_29
※記事の右下に「posted by n_takaaki 」って入っているのが本人です。



まだ14歳になりたてですよ。
末恐ろしいですな。
顔や文章がもう大人として出来上がってるよね。
(もちろん子供の顔には違いないんだが)

昨日の「スポんちゅ」で特集が組まれており、
彼のポケバイ当時の映像も放送されてましたが、
ちゃんと抜重してるし、
抜き去り方も無理がなくて、
安定感があるのに、
周りとくらべて抜きん出て速かった。
やはりチビッコ(5歳くらい)の頃から違うのね。



お父さん、お母さんもまだまだ大変だと思いますが、
是非とも日本のモータースポーツ界のために
がんばって活躍して欲しいです。



4年、3年いや速ければ2年後、
すんごいことになるかもしれませんよ。



ちなみに、「スポんちゅ」では毎週月曜日に
モータースポーツの特集があるみたいです。
要チェケラだわ。

AD

農業ってカッチョイイ

テーマ:

なんだかまだ上手く文章にはできないのですが、

この感覚をちょっとでも残しとこうと思います。



今朝ズームインで
石川県の七尾高校 が「世界らん展日本大賞2006」に
特別出展した話題を放送してました。


なんかね、彼女たちものすごく真剣だったのですよ。
部活動とは思えないくらい冷静で熱かった。



なんでも今年で閉校してしまうとのことで、
ちょっと気になってここの高校のサイトを見ると、
部活動がすごいんです。

食品、環境、文化に関わるありとあらゆることに
積極的に取り組んでます。


ホントはオトナであるアタシタチが
もっと真剣に取り組まなくてはいけない問題だと思うと、
ちょっと恥ずかしくなりました。



お恥ずかしい話ですが、
農業って野菜や家畜を育てるだけではないんですね。
もっと奥が深くて、もっと生活に密着していて、
もっと沢山の人が真剣に考えなくてはいけないことなんだと
初めて(ちょっとだけ)理解できたような気がします。



何故、七尾高校はハンマー投げが強いのかはナゾなのですが。
それもまた素晴しいことです。



なんでこんなステキな学校が閉校してしまうのだろう。
もったいないなぁ。

AD

ローリングストーンズ

テーマ:

昨日チケットが届きました。
久々のライブ。


「ローリングストーンズの雄姿をナマで見られるチャンスは、
 あと何回あるかわからない...」
とバチあたりな理由で購入しました。

3年ぶりの来日公演、皆さん、御歳50~60代ですし。


庶民のアタシタチはC席(それでも一人9,000円也)ですが、
いいんです、彼らは視覚を越えてるんです。
もうそこに居るという空気だけで十分ですよ。

そんなワケで
3/22(水)東京ドーム
非常に楽しみ♪
会社休んじゃおっかな。

AD

ややこしい状況

テーマ:

細い仕事が溜まってまして、
非常に面倒くさい気分になっています。


仕事が溜まってるのが自分の責任なら
仕方ないと思えるんですけどね。
いかんせん機器がこないんですよ



しかも、
初めて導入するアプリ(システム)の設定があったり、
リスクが大きいから敬遠してた導入方法(もち業務では初体験)があったり、
クライアント展開の初日があったり<これは旗振りだけなのでお気ラク。
どれもこれも変に待ち時間が長い分プレッシャで気持ち悪い。


どんなに調べたって、
実際に設定作業をしながら受ける手ごたえに比べたら
雲を使むような淡い自信にしかならない。
こわいよーん。ハマりたくないよーん。



そんな予感の一週間。
上手く乗り切れますように。

金に想ふ

テーマ:

しずちゃん金メダルとりましたね。
やっぱり日本の人がメダルをとると嬉しいもんだな。

彼女はオリンピック前に、
プログラムを大幅に変更しているんだよね。


新しい採点方法を十分に受け入れた上で
更に自分らしさ(手足の長さを生かした技)
をふんだんに取り入れて、
ちゃんと自分のモノにしてたと思います。
これぞ「プロの仕事」ってかんじです。

↑しずちゃんプロじゃないけど。


さらに「ぬぬっ、やるなっ」と思ったのが、表彰式。
立ち振る舞いが常にどこをとってもエレガント

「魅せる」というプロ意識が
相当高くなっているんだろうなと思いました。
ある意味「金」は当然の結果なんでしょうね。


ふと思ったのが「君が代」問題。
個人的な感想ですが、

曲は米、英、伊みたいな派手さはないけど、
重厚なのにコンパクトでキレイに収まってると思うんですよね。
アレ、歌詞だけが問題なんでしょ。
「君」の部分だけ、
それぞれが好きなように解釈してれば良いと思うんだけど。
そんなんで解決しないかなぁ。

CD4枚受け取りました

テーマ:

やっと受け取れました。
土曜日まで待ち切れないので、最終奥義の「実家受け取り」をやってしまいました。

CD4枚

1枚ずつなら不在通知扱いになることもなく

ポストに突っ込まれていたであろうCDたち



音速パンチは良かった!
何がいいってイントロの打ち込みストリングス(たぶんキーボード)からギターのカッティングに切り替わるとこ。
つづくドラムの入り方も良いしベースのブンブン具合もグーです。
すっげーカッチョイイ☆
こっこちゃんのニルヴァーナ好きがでてる感じがします。


シュガシュガルーンズはi-podに落として明日移動中に聞きます。
電車でニヤニヤしながらときどき吹いたりしているOLをみかけたら、それはアタイです。
ヘッドフォンしてたら間違いありますん。

トモコさんごめんなさい。

もう眠いです、フィギュアも観たいんです。


作業、はかどってません。
今週は細かくバタバタとしてます。
今日から構築の作業が2件入ったのですが、

設定情報の集まり具合がどっちつかず、

つまりいずれも途中までしか作業できない。
他にも面倒くさそうな案件に巻き込まれてたりするし...



でもね、いいの。
プライヴェートを充実させることにしたから。


そう、最近ねプライヴェートが非常に充実しているのですよ。
法事に2週連続で参加したり、
後輩の女の子とイベントに参加する計画があったり、
あとはシークレットです☆(いずれご報告するかも)



いろんな計画があるとウキウキだわ。
今日のばんごはん、何にしようかしらん♪...orz。

思っていた以上に早く作業が終わってしまったので、
お茶してます。
作業報告メール書くのにオフィスよりも集中できるし、
なにより美味しいコーヒーが飲めるのが嬉しい。

昼間のコーヒー屋さんには、
息抜き中の営業マン、
このビルで働いてるとおぼしき休憩中のOL、
ノースリーブの若い女の子とバブリーなメガネのオッサン、
学生さんっぽいけど老けてる人、
マダムな集い...などなど。


皆、何かしら「ほんのちょっとの後ろめたさ」を抱えて
ここに集まっているような気がして、
なんだか居心地が良いんです。
いや、実際はそれぞれ後ろめたさなんて
みじんもないと思うんだけど。



さて、そろそろオフィスにもどって、
もうひと頑張りしますか。

ケンカ上等

テーマ:

いえいえ、アタシの話じゃないんですけどね。
昨年夏まで一緒に働いてた彼女(+その彼)のことです。
そう、強気な彼女の話です。

二人は一緒に住んでいるのですが、
昨日一緒に呑んでいる最中に、部屋の収納について

ケンカをはじめたんですよ。

とりあえず、二人の話を聞いてみると、


彼女:電話で相談した時に「服を捨てろ」といわれたのが気に喰わない
彼:工夫しても入らないんだったら物理的に無理でしょ。
  じゃ、捨てるしかないんじゃないの。

彼の言っていることがほぼ正しいと思うのですが、
女子的には彼女の気持ちもすごくわかるんです。


じゃぁどうしたらいいか、答えは簡単です
彼が「捨てろ」を言うタイミングが悪かったんです。
一緒に現場を見て、一緒に収納の工夫をした後であれば、
彼女も「捨てろ」という言葉を受け入れることが
できたんじゃないかと思うのです。


ウチとは逆に彼女が彼の部屋に引っ越して同居をはじめたので、
彼女の心の中にどこか引け目があるんだと思うんですよ。
だから、部屋に関することで
彼から何かを強く言われることに対して
非常にナーヴァスになっているんじゃないかと。
そういう抽象的な不安をね、

上手く伝えられる子じゃないんですよ。


まぁ、そんなワケです。
女の子なんてそんなもんです。
面倒くさいなんて言わないでください。


彼もそういうところをわかろうとする努力が必要だし、
彼女も少しずつでも説明する努力が必要。
ケンカ両成敗。一件落着(?)で帰ってきました。



そういやこの前、幕張に行った時にも、
アウトレットでものすごいケンカをしているカップルを見たのですよ。
一瞬追いかけっこかと思うくらい二人で全力疾走してました。
誰かが仲裁できる術もなくあっという間に遠くに行ってしまいましたが、
アタシを含め周りの人々の時間をことごとく停めながら
彼らは地平線の彼方に走り去っていきました。
なんてキレイにまとめるようなモンではないのですが...


世のカップルというのは、
激しいケンカしてなんぼなんですかね...
アレだけ派手なケンカをしても一緒に居られるというのは、
アタシから見るとすごい絆だと思うです。


ウチはベタベタに仲が良いというワケでもないけど、
ホントに激しいケンカはしないんですよ。
やっぱり派手なケンカってした方がいいのかなぁ。
でもお互いキャラ的に向いてないんだよな。



いいです。
ウチは怪傑ゾロリさんのように
"まじめにふまじめな小悪党"のまま行こうと思います。

黒引き振袖

テーマ:

土曜日に10年来の友達2人と会ってきたのですよ。
で、一応婚約(っていうの?)の報告をしましたところ、
「早くゼクシィを買え!」
とシンプルかつ的確なアドバイスをいただきました。
そうね、ソレ買わないとはじまらないよね。


そんなワケで日曜日に買ってきたのですよ。
電話帳かと思うくらい重いヤツを。



まず、とっちゃんと話し合って方向性を出しました。

・そんなに派手な披露宴はしなくていいだろう
・共通の友達が多いので、二次会もいらんだろう
  #たぶん気楽な飲みの方が良いと思われる。
・料理だけは美味しいものにしよう
・お年寄りも多いのでサービス温かいところにしよう


それらを踏まえてゼクシィを見てると、
ものイメージ固まってくるね。
すごいよゼクシィって。



さて本題、
和装は堅くなるイメージがあるから、
ドレスにしたいと常々思っていたのですが
困ったことに全くイメージがわかないの。

でね、「黒引き振袖」を見た瞬間、
ものすごい勢いでイメージが構築されていくのですよ。

それで思い出しました。
アタシ、昔から和のおめかし/おもてなしはいろいろひらめいても、
洋のおめかし/おもてなしはなアイディアの乏しい子でした。


そんなワケで"和モダニズム"な方向になりそうです。
いまや老舗料亭でもウェディングプランがあったりするご時世です。
なんとかなりそうな気がしてきました。

後は味見や試着する時間がどれくらいとれるか...