はじまりましたよ カタールGP

テーマ:

MotoGP 2005年度第14戦のカタールGPがはじまりました!
MotoGP


本日は125cc、250ccクラスは予選第一日目
MotoGPクラスはフリー走行の日


125cc、250ccクラスは
これからのレースが正念場です。
MotoGPクラスも優勝は決まったとはいえ、
2位争いは過熱気味ですよ。


今日の走行タイムを見る限り、
みんな調子良さそう。

しかしなぁ。
G+のアナウンサー、いいかげんライダー覚えようよ。
アタシでさえ、ゼッケン観ただけで
だいたい誰だがわかるようになってきてるのになぁ。

AD

パトロンと呼ばれて

テーマ:

村上ファンド:虎優勝に祝福コメントなし


このニュースを読んで、
漠然と考えてみました。

「オーナー」とか「株主」って名称にするから、
生理的に(本能的に)おかしなことが起こると思うの。
経済援助する人をすべて
「パトロン」と称したらどうだろう。


【パトロン】
1)芸術家や、芸人または特定の団体などを経済的に援助する人。後援者。
2)水商売の女性に金を出して援助する人。芸者などの旦那。
※goo辞書 三省堂提供「大辞林 第二版」より

ラテン語でパトロンとは「父」の意味
パパの語源とされています。


そんな難しい理屈はさておき
「パトロン」という響きには、
「お金をつぎ込んじゃうほどのどうしようもないファン」
といったニュアンスがあると思うのですよ。
また、「父」という呼称を背負うことによって、
メンテナンス=愛情の責任を明示する。


株主にしてもオーナーにしても、
紙切れの上以外で所有者を主張するなら、
お金を出して「はい終わり」ではなく、
それ以外にも義務があると思うの。


「"パトロン"と呼ばれても尚且つ、
 経済援助したいのさ。」
っていう愛すべきアホたちだけが
お金出した方が、選手もファンもパトロンたちも
みんなが幸せだと思うんだけど。
そんなのダメ?

分相応の幸せ。
大きくなること、強くなることだけが
良いことではないと思うの。


日本だけだよ。
経済効果を計算してスポーツチームのオーナーになるのは。
いつからそんなさもしい国になっちまったんだろ。

でもさ、村上さんって大阪府出身なんだよね♪

AD

昨日つくったムニエル

テーマ:

自分で言うのも大変恐縮ですが、
やばい、まじウマかった!

今週の月曜日に、スーパーで
甘鮭の切り身パックが非常にお安く手に入ったので、
「平日のどこかでムニエルにしよ♪」
と企んでたのですよ。


そんなワケで、おすそ分け♪

【材料2人分】

甘鮭の切り身...2枚
もやし...ふたつかみ
えのき...半パック


■あんかけ用の材料
水...2カップ
だしの素...適量
焼酎...適量
はちみつ...適量
醤油...適量
えのき...適量
水溶き片栗粉...適量
※適量と記載されているものは味見しながらお好みで

1) 甘鮭の切り身を焼酎(JINRO使用)に30分くらいひたす。
時々ひっくり返すので、ひたひたくらいで良い。


2) あんかけ用のだし汁を作る
水溶き片栗粉を除いたあんかけ用の材料を入れてひと煮立ちしたら、
えのきをいれてひと煮立ち


3) もやしをバターで炒め皿に盛る


4) 1)の鮭に片栗粉をまぶす(小麦粉が切れてた)


5) もやしを炒めたフライパンでOKなので、
  バター(ちうかマーガリン?)を足して4)の鮭を皮から焼く
  (皮がカリカリするくらいまで、5分?)


6) 5)を返し、蓋をして蒸し焼き状にする
  (鮭に火が通るくらいまで、5分?)


7) 鮭を3)の皿に盛り、そのまま同じフライパンに2)のだし汁を入れる


8) 7)がひと煮立ちしたら、水溶き片栗粉を適量いれてあんかけにする


9) 8)を6)の鮭&もやしにかける


材料費を計算してみたら約200円/1人(米、調味料込)でした。

すみません、
計量なんて高校の頃のお菓子づくり以来したことないです。
適量って何?って方は
鮭のムニエルでぐぐってください。
その方が堅実です。


家はワインより焼酎のが常備されているので、
よく焼酎を使います。
日本酒(料理酒)よりクセが少ないような気がしますよ。

あと、みりん風調味料が嫌いなので、
みりんが手元にない時は「はちみつ」で代用してます。

あ、あと小麦粉の代用によく片栗粉つかいます。


↑アバウトにもほどがあるよ、誰か叱ってください...

新人議員ばっかりで大丈夫なんでしょうか>日本政府


普通に企業に置き換えて考えてみてくださいな。
新卒...とはいはなくても、
中途採用多数の部署がなんとか回り出すまでに、
何ヶ月かかると思いますか?
その間にいろんな事が決められちゃうんですよ。



やだなぁ。
後からモメなきゃいいんだけど。

SEから観た営業さん考

テーマ:

うーんとですね。
アタシの業務は営業さんとSEがセットで動きます。
案件ごとに営業さんは異なるので、
その都度仕事の仕方が変わります。


もうオトナ(?)なので
どんな営業さんと組んでも
適度にこなせるようになりました。

そんなアタクシがお届けする
営業さんのタイプ別仕事の振り方まかせ方!

【調子の良いタイプ】
調子が良い分、
ノリでお客様への要求をあげてくれやすい。
ただ、先走り気味なので、
こちらで常にウォッチしてないといけません。
要求をきちんとまとめてから渡すと、
キッチリ先方の了承を取ってきてくれます。


【几帳面なタイプ】
放っておいても、ちゃんと段取りしてくれる。
変更があればすぐ教えてくれるし、
相談という形で要求をあげると、
きちんと対応してくれます。
ただ、人間ですもの、
たまに抜ける時があるため、
まかせっきりにはしない。


【強気で押すタイプ】
やり方に口をはさむと、面倒くさいが、
責任感は強いので
とにかくやりたいようにやらせておく。
先走り気味のところもあるので、
ポイントがズレそうになったら、
さりげなく修正すると感謝されます。
とても義理堅いタイプなので、
一度感謝されればこっちのもんです。


【人懐っこいタイプ】
いつもニコニコしていて、
SEのやりたいようにやらせてくれるし、
腰が低く分をわきまえてるので
お客様からもかわいがられる。
要求を通す強さを持っていれば、
実は最強だったりします。
ただし、忘れっぽくもあるので、
常に確認をしましょう。

さて、どうでしょう。
アナタの周りの営業さんはどのタイプですか?

まぁ、どんな営業さんにしても、
まかせっきりにせずに、
常に確認を取り合うのは当たり前なのですが、
そのタイミングですよね。

お客様最前線に居る彼らと上手に組めば、
どんな困難も乗り越えられるのですよ。

仕事と家事の両立

テーマ:

ダーリンと一緒に住み始めてから、
早2ヶ月が経ちました。


やっと部屋も片付きつつあるかんじ...
#まだまだ問題は山積みですが。



しかしね、同棲してみて思ったんだけど、
働く奥さんたちは、
みんな家事ってどうしてるのよ?



自分で言うのもアレですが、
アタクシ「オレは外で働いてきてるんだ」
と家でゴロゴロできるほど働いてる男性方に
恥ずかしくないくらいの仕事量は

会社でこなしてると思うのですよ。


なのに、朝はゴミ捨て、
夜はメニューを考えて、
買い物して(最近は夜遅くまでスーパーがあるので助かる)、
晩御飯つくって、
洗濯して、掃除して...
なんてこなせるワケないじゃん。
絶対どっかで手を抜きたくなるじゃん。


当然、洗濯と掃除なんて
週末に後ろ倒しですよ。
外出なんてしようもんなら、
日曜の夜までためまくりですよ。
なんか文句ある?



それに子育ても加わるかと思うと、
実は内心そうとう不安です。
仕事辞めないと無理かなって思う。
#少なくとも、今の業務は無理だよ。

やり方次第なのかなぁ...
慣れればなんとかなるもんかね...
世の働くお母さんたち、尊敬します。
母は強しだね。

ズーランダー

テーマ:

唐突ですが、
大好きなベン・スティラーの
最高傑作(もぞ評)!!!

オレンジ・モカ・フラペチーノから
爆発までのシーンはもう圧巻です。


コネタも満載だし、
Relaxの歌に併せて踊る(体操?)も
オーウェン・ウィルソンとの対決も
最高にクールだし、
ほんとにチョイとですが、
レニクラさんやブリトニー、
ウィノナ・ライダーにデビット・ボウイ...
もう豪華な豪華なゲストがてんこもり。


これを観たらあなたもきっと
ブルースティールやマグナムを
自分のモノにできるまで練習するはず。

合言葉は
「オレンジ・モカ・フラペチーノ!」
(BGMは「Wake me up for you go go!」)

↑たぶん、映画を観てない人には、
 この記事なんのことやらさっぱりだろうな。
 是非、レンタルしてみてちょ♪
 ※オバカ映画NGな人には厳しいかもしれぬ...

ビバ motoGP!

テーマ:

昨日のマレーシアGPは面白かった。


ロッシも5年連続年間チャンピオンを決めました。
強すぎるのでつまらんけど、
やっぱり応援したくなっちゃうのは、
ロッシの人柄だと思う。


カピロッシもチェカも
みんな自分の走りに満足気で、
ホントにステキな表彰台でした。
↑これをもてぎで観たかったよ~。



motoGPを観はじめて「なるほど」と思ったのは、
レースって、競争意識が強すぎると
無理して自爆するだけになっちゃうのね。

「絶対勝ってやる」という気迫と
「勝ちを諦めない」という気力の維持とは、
似て非なるものだと思うの。

ロボみたいなM.シューマッハが強いのもうなづけます。


いやね、なんでそう確信したかというと、
昨日はロッシもカピロッシもすごかったけど、
チェカの追い上げもすごかったのよ。



【チェカの追い上げ】
4位まで地道にあがってきた後、
ニッキー・ヘイデンとの3位争い、
何度かコーナリングで前に出るんだけど、
次のコーナで大きく膨らみすぎちゃって
また抜き返されてを繰り返してました。


チェカは追い上げるのは得意だけど、
抜くのは苦手なんだろうなと思った。


でも何度か繰り返すうちに、
チェカは学習していき、
ニッキーを抜き、かつ次コーナで大きく膨らまないような
コースどりを見つけたみたい。
さすがカルロス・チェカ32歳、
完璧に24歳ニッキー・ヘイデンの根負けですよ。


チェカはその後も
あわよくばロッシを抜いて2位を狙おうと
ゴールぎりぎりでサルに追いつくのですよ。
その執念(失礼、もとい)勝負に対する集中力の持続は
ホントにすごいと思う。
しかもね、自分の精神力に対して無理はしていても、
レースの流れに対して決して無理はしてないのよ。
#レースの流れを乱すと、事故が起こりやすくなるでしょ。



話はぜんぜん違うけど、
カピロッシって
↓コレに見えるな。
グレムリン

オルファイトー

テーマ:

昨日、中学高校の部活仲間の同窓会に行ってきました。
いやいや、実に7年ぶり。


会うまではどきどきでお腹痛くなったりしたけど、
話をはじめたら、
7年って月日を全く感じなかった。
自分がまだ高校生のような錯覚になる。
#あの頃大好きだったお店や
#ヒロタのシューアイスがムショウに恋しい♪

でもね、7年って月日は確実に流れてて、
結婚した子、出産した子、離婚した子、
転勤になってた子...
そんな人生いろいろを乗り越えて、
みんな穏やかで
少し素敵な女性になってました。


心なしか、彼氏やダンナのタイプが
似てるような気もします。
#友達期間が長いってとことか。
それだけ一緒に過ごした時間も濃かったってことかな