小さい案件は一期一会

テーマ:

昨日は作業で外出していたのですが、
どうも営業さんに振り回されっぱなしでした。


1.遅刻してきた
2.話が違った
  OSがWin2003ではなくW2Kサーバ
3.そんな話聞いてない
  1)既存サーバを再インストールするのは聞いていたが、
   既につんでるディスクが100GB超える数種類のディスクが
   6本もあるなんて聞いてない。
   (RAID組むだけで1日終わっちゃうじゃん)
  2)お客さんでCPU追加したり、メモリさしたりしてる
4.増設ディスク装置一式の納期がずれた(これがメインの作業だった)


サーバ1台(しかも少人数で利用システムの検証用サーバ)の案件で、
いわゆる小さくて、ゆるい案件ってやつなのはわかるのだが...



今まであんまり意識したことなかったのですが、
アタクシはどうも
小さい案件ほどキッチリやりたいみたいです。


というのも、
小さい案件であればあるほど、
お客さんに直接会う機会が少ないので、
会えた時にキッチリ意識合わせしていかないと、
作業時にも困るし、終わった後にも心残りができてしまうしね。

なので、事前にヒアリングシートつくったり、

問題の洗い出し行ったりして、先方に確認して欲しいわけです。


大きい案件の場合、比較的会話する機会も増えますし、
作業も1発で終わることがありません。
 #日程がたくさんとれるの意味
そういう意味では、
小さいとこはなんとなく様子をみながらってのも
できちゃうんですよね。



案件の大きい小さいにかかわらず、
決めるトコだけキッチリしたら、
あとはゆる~くやるのもまた趣しと思うのですが。
そういうのってイカしてないんですかねぇ。

AD

ラブ コロッケ

テーマ:

うーっ!
いえーいっ!
コロッケの歌でゴキゲンです。


コロッケの歌


ダーリンの家の近くのスーパーで
よく流れてます。
アタシはあまりお耳にかかれたことはないのですが、
ダーリンがよく歌ってくれます。
コロッケ好きとしてはちょっとジェラシー。

コロッケは、牛じゃがが好きです。
小さい頃はカレーコロッケが一番でしたが、
かにクリームが一番の時期もあったし
ライスコロッケが一番の時もありました。
コロッキーなるツマミにハマったこともありました。
結局コロッケなら何でも良いのかも。

実家の近くのアサヒビール直営カフェにも
吾妻橋コロッケなるものがありました。
これもクラシカルで美味しかったですよ。

23番地カフェ

AD

ナシフト物語完結

テーマ:

遅ればせながら、
ナシフト物語(勝手に命名)完結
おめでとうございます。

フトシさんが確信犯であるのに対し、
ナシオさんは無自覚の罪人だったのですね。


「知らない(気づかない)ことは罪だと思う!
 仕方のないこととして片付けて欲しくない」
と後輩のことを愚痴ってた友達の言葉を思い出します。

個人的に思うには、
ナシオさんは、その特性を失ってでも、
気づくべきだと思います。
(自分のためにも、周りの人のためにも。)
気づいたら、案外フトシさんよりも素直に
いろんなことを吸収できる成長株になるんじゃないかな。

なんて、世の中そんなに甘くないですかね。

AD

エンジン

テーマ:

今日、最終回を迎えるにあたって、
敢えて観なくってもいいかななんて
ちょっと思ったりして。


それは、デキが悪いからではなく、
先週「俺、あんたのこと敵だと思ってないから」
って台詞が出ちゃったからです。



レースは勝たなきゃ意味ないんだけど、
「誰に勝つ」といった
そういう判りやすい「比較」だけじゃなく、
長い目でみると「どうやって勝つか」
もまた重要だと思うのですよ。
そこには、メカニックやタイヤメーカーとのチームワークもあるし、
理解して応援してくれる家族をはじめとした人間関係だったり、
年齢だったり、境遇だったり、タイミングだったり。
そういういろんな「柵(しがらみ)」を
どう操る(言葉悪いけど)かということです。


だから次郎にとって、
比呂人は味方でもないけど、敵でもない。
「あいつもがんばってるから、俺もがんばる!」
と思うことはできても、
同じ土俵には立てない心境になっちゃったんだと思う。



最初の頃に次郎が良く言っていた
「レースは一人で戦う」って言葉は、
少しニュアンスを変えてきたようです。
もう1stレーサーとケンカなんてしないでしょ。

ケーブルテレビ

テーマ:

土曜日に敷設されました♪
そしたら日本映画専門チャンネルで
24時間岩井俊二特集がやってました。

「オムレツ」「夏至物語」もあり、
十何年越しに念願かなったですよ。
すごいです、あんなに観たくても観たくても
観られなかった(観る機会に出会えなかった)のに。


オムレツも夏至物語も、
フジテレビ深夜の30分枠のドラマでした。
アタシはこの頃の岩井監督作品のが好きです。
(青春時代ってのもあるんだけど...)

会社にも良くいると思うのですが、
「おまかせするよ」というと、
どんどん方向性がずれてっちゃうんだが、
厳しい要件であればあるほど
その制限の中でものすごく良いものを出してくる人。
岩井俊二監督はまさにそのタイプだと思う。
あえて言う、ヤツに自由を与えちゃだめだ!

今週深夜に少しずつ再放送があるので、
今度は必ず録画します。

親方は振り向かない

テーマ:

先日のNHKのポップジャムは
東京事変の特集でした。
以下、順不同

【両国】
両国国技館で九重親方にインスパイアされた
次回シングル(のタイトル)
「親方は振り向かない」
ちょっと若貴ファミリーっぽくて
旬だな、あえて今リリースして欲しい。


会話を聞いていて、
林檎ちゃんもしかして
「ウルフ=千代の富士」を
知らない世代なんだろうか...

【浅草】
浅草の色合いは、
蜷川実花さんの写真に合うね。
丸の内や両国、東京タワーよりも
浅草の写真が一番良かった気がする。
なんて贔屓目ですかね。


しかし、タイガー&ドラゴンといい、
今回のポップジャムといい、
平日昼間の浅草って
激的に人がいないのね。

【東京タワー】
東京タワーで話していた
「世捨て人にはなりたくない」
(=社会の構成員でありたい)
いい言葉ですね。

テレビ

テーマ:

このまえ、テレビのニュースで
Webニュースと絡めながら、
既存メディアの今後について考えるコーナーがあった。


ホリエモン騒動以来、
アタシはずっとひそかにテレビについて考えてきた。
テレビ業界関係者じゃないけど、
テレビ無しじゃいられないバリバリのテレビっ子ですし。



「インターネットはテレビを殺すか。」



アタシの答えは最初から「否」。
ずっと揺るぐことなく「否」。
でも理由(根拠)を言葉にしようとすると、ぼんやりしてる。

なんとなく、テレビやラジオと
インターネットの目的や性質が
違うカテゴリにあるような気がするのだが、
その違いの重さが上手く伝えられるのか自信がない。
文章の上手な人なら、とてもシンプルな言葉に置き換えられそうな気がする。

---

お昼に例えて言うなら、
ネットはお弁当(自炊)
テレビ(既存メディア)は外食。


お弁当
・自分で好きな組み合わせができる
・自分で作る楽しみがある分、作る時間を確保する必要がある
・メニューを考えるのが意外と面倒くさい
 (ワンパターンになったりする)


外食
・自分の好きなものばかりとは限らない
 (キライなものもあれば、思いがけないモノもある)
・ある程度は選べる
・誰かに作ってもらえる幸せ


どっちも一長一短なので、
一人暮らし(親元はなれて生活)をしてると、
どんなに料理好きでも、意地にならない限りは
たいてい半々くらいの生活になると思うんです。
それが宇宙のバランスだと思うんだけどな。



ネットも既存のメディアと上手く共存できると思うんです。
なんで「勝ち負け」にこだわるんだろ?

おととい、TUTAYAで借りてみました。
とにかく、曲がカッチョいい♪
小道具もかわいい♪

ヘドウィグかわいい♪

物語は一言で片付けると、
裏切られ続けるドラッグクイーン(?)のロックシンガーの話。
でもね、ヘドウィグのキャラクターがしっかりしてるから、
なんだかぜんぶ許せちゃいます。



【以下ネタバレ含】
(まぁネタバレしても面白さは変わらないと思うが...)



自分の(心の)片割れを探しつづけるヘドウィグ。
でも、最後にたどり着いたのは、
神でも仏でも王子様でもなく、自分自身。


最初の頃は自分の人生を振り返っては
嘆いたり怒ったりばかりだったのに、
エンディングではすべてを許す
素敵な(大きな)人になっていました。



正直に告白します。
昨日バスタオルで「壁」ごっこしましたよ。
悪いかっ!!

「Hedwig & The Angryinch」公式HP

若貴兄弟

テーマ:

貴乃花の顔、変だと思いません?

昨日のインタビューで、
「長い間の確執」的なこと言ってたけど、
たぶん兄弟げんかのきっかけは
お母ちゃん(憲子さん)だとにらんでます。


貴:(葬儀に)呼ばない、敷居はまたがせない
兄:長年ニ子山部屋を一緒に支えてきた人、
  声はかけるべき、むしろ来て欲しい


角界という特殊な環境で育っちゃったから
かもしれないけど、まだ(精神的に)子供なんだな。
話聞いてると、いろんなことを
誰か(何か)のせいにしようとしてる。


ホントはエンジンの最終回で書こうと思ったんだけど、
本来、一流のレーサーはみんな性格が良いと思う。
シューマッハにしても、ロッシくんにしても、
自分自身に厳しいのもさることながら、
常にたくさんの人に支えられてるという自覚が
言葉や行動の端々に見て取れる。
むしろ、この自覚がないと
一流にはなれないんじゃないかな?
(エンジンは、それに気づくまでの物語だと思って観てます)



しかし、どーでもいいけど
公共の電波で兄弟喧嘩しないでほしいよなぁ。
最近日本に住み始めた外国の方が
ケンカしてる人たちをみて、
「アナタタチ ワカタカキョウダイ?」
なんて言い出す日も近いな。
 #ほら、覚えたてのちょっと小難しい言葉って使いたいでしょ。

欲望は控えめに

テーマ:

今日、会社の自販機でペットボトル買ったら、
シールがついてました。
「めくると楽しいことが!」
と書いてあるので、さっそくめくってみたら、
タイトルの言葉が書いてあった。

いたたたた。
最近、お金の使い方が把握できてないんだよね。
外出直帰が多いため、
飲みに行く回数が減ってるからいいようなものの、
お昼はたいてい1,000円近くかかるし、
気が付くと「えっ!」ってくらい使ってる。


かといってなぁ。
調子のいい時ならいいけど、
面倒な作業だったり、若干ハマり気味のときは、
お昼くらいオサレなとこで気分転換しないと、
どんどん滅入ってしまう。



くっそ~
なんでシール一枚ごときで
こんなに本気で悩んでんだ?アタシ。
ぜんぜん楽しくないぞ。