障害者の兄弟がもやっとしたら読むブログ

身体障害の両親と知的障害の兄から学んだあれこれ。


テーマ:
さて、こんにちは。
障害者の兄弟がもやっとしたら読むブログ【モヤブロ】です。
知的障害だけじゃなくて病気の兄弟姉妹や家族の介護で
悩んでいる人にもヒントになることがあればいいなと思います。

帰省の間の兄の様子。

まず、家に入ってすぐに自分のお気に入りの雑誌、
アニメや特撮のDVDなどをテレビの前に拡げる。
家にいるときはずーっとそれを観てます。

ですので、私と父はテレビは明け渡すことになります。兄が怒るので。
どうしても観たかったらもう一つある小さいテレビで観るんだけど
いつの間にか兄もそこで観たいとアピールします。

あと、箪笥の洋服をそのあたりに文字通り…ばらまきます。
なんの儀式なんだろう…?(-_-メ

畳んでしまってもまた出してしまうので
滞在中は洋服が散在しています。
空き巣が入ったとしても、多分解らない!(汗)
施設に送って行った後は毎回掃除です。

本人も家に帰ってきて嬉しいんでしょうね。
興奮して夜中の0時や1時ぐらいまで起きて延々アニメを観てます。
翌日はお昼まで起きない。起こすと怒ってまた寝ます。

福祉施設の様子を聞くととても大人しいし聞き分けが良いらしいので
家では完全に我儘全開している気がします。
あちらの自分の部屋はすごーく綺麗なのでどういうこっちゃ!?

ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
さて、こんにちは。
障害者の兄弟がもやっとしたら読むブログ【モヤブロ】です。
知的障害だけじゃなくて病気の兄弟姉妹や家族の介護で
悩んでいる人にもヒントになることがあればいいなと思います。

帰省日を短くすることは難しいというお返事があり、仕方ないなーとは
思うものの、私自身がしんどいし
どうしたものか。

とりあえず保護者会は父にお願いすることにしました。

私も積極的に参加しなくちゃと思って頑張りましたが
行ってもいかなくても問題ないような気がしてきました。

そして体調が崩れるようになりました。

帰省日だから実家に行かなくちゃ!と用意すると
大抵お腹が痛くなります。登校したくない小学生みたい。

朝、家を出ても一旦戻って休んで寝ていて
最終的には夜に到着するとか。

私が到着するまで父と兄と二人きりなので
一体どんなやっかいなことが展開されているのか
不安には思っていますが、行きたくありません。

父と兄の二人ならではの「騒動」も起きたりして
私がそこに居ないばかりにこんなことになってると
自分を責めていましたが

次第に何か起きたとしても死ぬわけじゃないし
生きていればいいか」レベルになりました…あせあせ

父も3日間ならなんとかなると言うようになってきて
通常の帰省のときは行っていません。

「行くね」と連絡するときもあるのですが
そうすると大抵具合が悪くなったり
行きたくなくて身体が動かなくなります。

「大体は父に任せる」でもいいんじゃないのかなと
やっと思うことができるようになりました。

もちろん88歳の身障者ですので永遠にこれは続きません。

でも、一旦「私がやらなくてはいけない、父には任せられない、
父にはできないだろう」という思いを無くし、父に任せたことは
良かったと思います。

そんな風に思っているといつまでも父は自分からやらない人のままです。
父が自分から積極的に考えて行動する機会を私が奪う権利はありませんし。

どうしてもできない、やってくれと言われたとき
私がやりたいと思ったらやる、今はそのスタイルです。

ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
さて、こんにちは。
障害者の兄弟がもやっとしたら読むブログ【モヤブロ】です。
知的障害だけじゃなくて病気の兄弟姉妹や家族の介護で
悩んでいる人にもヒントになることがあればいいなと思います。

「お盆とお正月だけサポートすると良いですよ」

正確に言うと私の20%のエネルギーが
完全に100%に戻るのに3か月かかるらしい。
なのでそれ位でいいらしいんです。

それを自分にOKするのに非常に葛藤がありました。
私が行かないで80代の3級障害者の父に一人で
やらせるってどうなの…?!

なので、まずは福祉施設にお願いすることを考えました。

両親が他界したり、事情があって帰省できない
入所者はずっと施設で過ごしています。

通常月は帰省は3~4日(帰省がない月もあります)
長期休暇は年末年始、春休み、GW、夏休みです。
長期だとトータル10日前後です。

このとき、私は各帰省日をできるだけ削ることを
お願いしてみました。
例えば通常月なら4日ある場合は3日、
長期は4日程度になるようにならないか聞いたのです。

お盆とお正月だけ私がサポートするのは心配なので
全体的に帰省日を減らすことをお願いしてみました。

しかし、それは兄にとってはストレスが
貯まるだろうとNGのお返事。

施設の職員さんの休暇も必要だし…当然ですかね。

知り合いでお正月しか帰省がないという方もいます。
福祉施設によって全然違うもんなんですねー。

じゃあ、どうすればいいのか…

ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
さて、こんにちは。
障害者の兄弟がもやっとしたら読むブログ【モヤブロ】です。
知的障害だけじゃなくて病気の兄弟姉妹や家族の介護で
悩んでいる人にもヒントになることがあればいいなと思います。

「お父さんにエネルギーの80%を取られてます」

目には見えないことですけれども、私自身、カウンセリングや
エネルギーワークを学んでいたので
納得しました。

父は基本的に自分の好きなことしかしない人なのです。

足が不自由だということもあるのですが、面倒くさいことはしない。
母の生前も言われてから仕方なく家のことをしていました。

よくよく考えると母の代わりに私がその場に収まっただけで
父は自分からは何もしないし、私がやっているのも
当たり前のことだと認識している様子。

私が食事の支度をしている途中に兄のトイレが
間に合わないようなことがあったのですが
そのときも父は新聞を読んでいて
自分から何かをしようという気がなかったことがあります。

親子や夫婦、恋人など自分にとって重要な存在の相手とは

例え離れていてもエネルギー的には繋がっているものですが

私の場合は自宅に戻っても
20%で自分のことを
やろうとするから力が出ないそうなのです。

そして時間の経過とともに少し自分を取り戻したところに
また帰省日がやってくるので私のエネルギーはまた下がるガーン

「お盆とお正月だけサポートすると良いですよ」

えっ!?え゛!

ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
さて、こんにちは。
障害者の兄弟がもやっとしたら読むブログ【モヤブロ】です。
知的障害だけじゃなくて病気の兄弟姉妹や家族の介護で
悩んでいる人にもヒントになることがあればいいなと思います。

2008年に母が他界しました。
それからは福祉施設に入所している兄の保護者会や
バザーなどの行事に父と参加し帰省日には兄を迎えていました。

1年ぐらい続けたところで、すっかり私が参ってしまった。

福祉施設から提示される保護者会や行事、帰省日を合計したら
1年間のうちで約60日位あったんです。約2か月。これって多くない~!?
毎月1週間は何かしらあるってことですね。

通所の兄弟をお持ちのきょうだいなら何言ってんのって話ですよね。
お世話になってる施設の方の手厚いサポートも本当にありがたいことです。

でも、それを敢えて脇に置いて考えてみると

頭では父と兄のサポートをしなくてはと思いながらも
自分にとってそれがいかに過酷かということに気が付く(汗)

結婚して実家から1時間ほどのところに住んでいたので

兄の行事に自分の都合を合わせなくてはいけない。
夫の職場の通勤時間は変わらないので、
実家に住んで欲しいと相談してもOKが出ません。

仕方ないのでその都度通うわけですが、在宅で仕事をしていたので

実家でも仕事ができるようにインターネット環境を同じにして頑張りました。

でも辛い。

何が辛いってエネルギーを根こそぎ持って行かれる感じなんだよなー。

帰省日が終わって自宅に戻れてもその後の日常に戻るのが大変なんです。
2週間ぐらいは元に戻れない。

まあ、でも2年ぐらいはそれでも頑張りました。
そしてあるときサイキックな友人から想像もしていないことを聞く。

「お父さんにエネルギーの80%を取られてます」

ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード