リンク訪ねて・・・

テーマ:

バレンタインは終わったけど、みなさんもらえましたか?


僕は娘からちゃんと2月14日にもらいましたよ・・・


俺 (ーωー;)

「袋に知らん人の名前書いてあるんやけど?」


「そんなの見なくていいから。」


ガサガサ・・・


娘 (´∀`*)ウフフ

「嬉しい?」


俺 (ノω・、)。

「2日くらい前に俺があげたお菓子やん・・・」



って話と関係ないけど、ある日曜の話・・・










「とうちゃん、早くしないと滑れなくなっちゃうよ?」


「買い物が先なの。時間あるから大丈夫やって。」


「滑る時間少なくなったらとうちゃんのせいだからね。」


「どんだけ滑りたいのよ。」


娘 (*´ェ`*)ポッ

「ん~、30分くらい♪」


「それやったら超余裕やで。」



なんて会話しながら昼過ぎくらいにリンクへ向かう


スケートなんて何年ぶりだろう?


娘が生まれて、実家にお披露目に来て以来かな?


23くらいだったから8年ぶりくらいか・・・


あの時は元妻と一緒に手をつないで滑ったな・・・( ゜Д゜)y―┛~~


時が経つのって本当に早い



「ほれ、到着~。」


「車沢山あるね。」


「ん~、日曜だしね。混んでて滑るの大変かもな。」



なぜかNHKとかの中継車とか沢山ある・・・



「すいません、今日って滑れますよね?」


警備員

「いや~、今日は全国のホッケー大会やってるから滑れないんだよ。」


「えっ、そうなの?」


 ( ゚д゚)・・・

「大丈夫やって。もう一つリンクあるからそっちで滑ろう。」


警備員

「あ、そっちはスピードスケートの大会やってるから無理なんだよね。」


そうなの???」


 ( ゚д゚ )


「しゃーない、スケートは次回だな。他に行きたいとことかある?」


娘 *゚.。.*・(´∀`人)゚・*:.。.。*

「つぅは太鼓の達人やりたい♪」


「よしっ、それやったらSEGAにでも行くか。」


「うん♪」







 (゚∀゚ノノ゙☆

「とうちゃんとつぅと一緒にやろうね♪」


 (ーωー;)

「非常に残念なお知らせがあります・・・」


「なに?」


 (-益- )

「ここって太鼓の達人ないんやって・・・」


 ( ゚д゚ )




しょうがないからエアホッケーを2人でやってみるも大喧嘩(´Д`) =3 ハゥー



娘 ヽ(`Д´)ノ

「とうちゃんのずるすけっ!自分ばっかり点とってっ!」


俺 Z(`Д´Z)

「アホいえっ!これでもめっさ手加減してるっちゅーのっ!」


娘 ヽ(`Д´)ノウワァァン!! 

とうちゃんばっかりずるいっ!!!


俺 (゚Д゚)ハァ?

これ以上何を手加減せーってのよっ!!!



周囲の視線痛いです(ノω・、)。


で、喧嘩したまま帰宅・・・



「今日はとうちゃんも悪かったよ。仲直りの抱っこ。」


「・・・うん。」


「これで喧嘩おしまいな?」


「うん、おしまいね。」


俺 (*´∀`)

「てか、お前重いな。」


娘 ヾ(´∇`*)ゝ

「つぅは今、飴玉舐めてるから重いんだよ♪」


「その飴がそんなに重いのか?」


「そうそう♪」


俺 ( ゚д゚ )

「出せ。」


「さっき舐めたばっかりなんだけど・・・」


「出せば軽くなるんやろ?いいから出せって。」





「ぜ~んぜん軽くなりませんが?」


娘 (ノ´∀`*)

「冬は寒いから沢山着てるでしょ?だから重いんだよ♪」


俺 ( ゚д゚ )

「脱げ。」


「え~っ、恥ずかしいから嫌だよ。」


「あのな、別に重くてもいいんやで?成長してるんやから重くなって当たり前やし。」















娘 (´・ω・`)フウ

・・・・・・・とうちゃん、女の子に

重いとか言っちゃダメなんだよ。















(・Д・;)















なんか怒られた・・・

AD

えんぶり尋ねて・・・

テーマ:

デジカメを手に入れたが機械オンチの自分には手に余るn;y=ー( ゜д゜)・∵. ターン


説明書読んでも意味わからないんですけど?


娘の写真や青森の風景を撮りまくりって計画に早くも暗雲が(; ・`д・´)


って話と関係ないけど、昨日の話・・・










我が地元の八戸は2/17~2/20までえんぶりで賑わいます(´∀`)


国の重要無形民俗文化財に指定されており、なかなか伝統ある祭りなのです。


詳しくは八戸えんぶり をご覧ください。



えんぶり

来年は・・・

恵比寿


てか、寒い・・・

夜店で買ったフランクフルト(200円)が温かさの欠けらもなく


打ちひしがれるもうすぐ31歳・・・


まぁ、娘は( ゚Д゚)ウマーって食べてるからいいんだけどさ。


父は機械オンチ、娘は味オンチって良いコンビだよ(ノ∀`)アイター


篝火


夜店よりも何よりも篝火が嬉しかったり(´∀`)ノ


でも火の粉でダウンに穴があいてたり・゚・(ノД`)・゚・





娘 (*´ェ`*)ポッ

「とうちゃん、つぅもえんぶりに出たいなぁ♪」


「とうちゃん達が住んでいる町内にもえんぶりの組があるから出れるんじゃないかな?」


娘 (゚∀゚ノノ゙☆

「来年はつぅがあそこで踊るんだね。」


俺 (シ´Д`)シ

「練習大変だろうし、上手い子しか出れないと思うぞ?」


「つぅは一度でいいから踊りたいんだよ♪」


「まぁ、回覧板とかで募集してたら問い合わせてみるよ。」
















娘 (ノω`*)ノ" ンフフフフッ

つぅが出るって事は、とうちゃんも出る事決定なんだからね!

それまでに会社辞めといてねっ!!!
















(゚Д゚)ハァ?















そりゃ、興味はあるけどさ・・・

AD

白鳥尋ねて・・・

テーマ:

皆様、あけましておめでとうございます(´∀`)ノ


って、相変らず遅いですな・・・


抜けている月の分は思い出せる範囲で記事にしようかと(ノ´∀`*)


今更ですが更新したらお付き合いくださいませ。


って、話と関係ないけどこの前の話・・・









白鳥が多数飛来しているとの情報を得たので娘と見に行ってみました(´∀`)


去年も行こうとしたんだけどタイミングが合わなかったのよね。




「結構降ってきたな。」


「外は寒いねぇ♪」


「さっきからタイヤも滑るし、気をつけて行かないとね。」


「で、まだ着かないの?」


俺 (´;ω;`)

「いや、道がわからんってか迷ったってか・・・」


娘 (´Д`) =3

「とうちゃんはいつも道に迷うんだから。」


「一応、ネットで下調べしてきたんだけどねぇ。」



てな訳で、ぐるぐるする事に飽きてきたのでコンビニで道を尋ねてみた。



店員

「この時期ならどこへ行っても白鳥をみる事ができますよ。」




1時間以上走って白鳥のハの字も見れませんが、ナニカ?(-益- )


説明聞いても迷うのは生まれ持った宿命に違いない・・・


試練が多いほうが感動も大きいはず・・・とか思っていたら無事到着☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ



沢山いる


娘 (*´∀`)つ

「ガチョウとか沢山いる♪」


俺 (´Д⊂

「いや、あれが目的の白鳥なんですけど・・・」



未成年?   白鳥

「白くないのもいるよ?」


「灰色が混じってるのは、まだ大人になりきれてないんじゃないかな?」


「そうなの?」


「ほら、みにくいアヒルの子でさ、みにくいアヒルの子は灰色でしょ?」


「灰色っていうか黒なんですけど?」


「んん?」



黒鳥2   黒鳥

「えっと、あれは黒鳥っていって、確か珍しい鳥じゃなかったかな?」


「一羽しかいないもんね。」


「何年かぶりに飛来したとか新聞で読んだような気がする。」


娘 (゚∀゚ノノ゙☆

「とうちゃん、アレ買って♪」


俺 (´;ω;`)

「人の話を聞けよ・・・」



パン購入   餌のパン購入


「細かくして鳥たちが食べやすいようにね。」


「わかってるよ。」


餌付け   続々と集結中・・・


俺 ( ゜Д゜)y―┛~~

「白鳥より鴨のほうがかわいいなぁ。」


娘 (*´ェ`*)ポッ

「つぅもそう思う♪」


カモ   かもかも

かわいい


「かわいいけど、集まりすぎやな。」


「全員にあげれないね。」


「あっちの方に行って白鳥とかにもパンあげようよ。」


「わかった♪」




ハーメルンみたいやね   ついて来てる

「みんな着いてくるよ?」


俺 *゚.。.*・(´∀`人)゚・*:.。.。*

「ハーメルンの笛吹きみたいやな。」




結構凶暴・・・   激しい争奪戦

娘 (ーωー;)

「白鳥が全部食べちゃうんですけど?」


「だな。白鳥って結構乱暴やね。」



鴨の羽を咥えて水中に押し込む白鳥をしばし観察(((( ;゚д゚)))アワワワワ



「とうちゃん、アレはなに?」



自由の女神・・・?   雪の中僕らを見守る女神像


「あれは・・・・、自由の女神????」


「なにそれ?」


「アメリカのニューヨークやったかニュージャージーにある女神像なんだけど・・・」


「ここってアメリカだったの?」


俺 (シ´Д`)シ 

「いやいや、それはないやろ・・・」


 (ノ´∀`*)

「あのねとうちゃん、パンがなくなっちゃったからもう一個欲しいなぁ。」


俺 

「雪も降ってるし、風も強くて寒いでしょ? 風邪引いたら大変だから今日はおしまい。」


娘 (*`・з・)

「えぇ~っ!」


「また二人で会いに来ればいいやん。」



初めての白鳥達との触れ合いは思いのほか楽しかったようで、連れて行ったかいがあるな~なんて。


宿題の日記には父と楽しい時間を過ごした事を沢山書いているに違いない(´∀`*)ウフフ


娘が寝てからそっと日記を紐解いてみると・・・・・・















娘の日記

 白鳥にもっとパンをあげたかったのに

 たった100円のパンをとうちゃんは買ってくれませんでした。














( ゚∀゚)・∵. ガハッ!!














父はお前の体を心配して・・・

AD