ゴルフ尋ねて・・・

テーマ:

昨日の夜・・・


「とうちゃん、モモに顔叩かれた~。」


「なんか嫌がる事したんじゃないの?」


三本の傷


って、顔に三本の傷が・・・(・Д・;)

      

      /) /)   
    (´・ω・) <気軽に触るな
    c(_uuノ


ウサギを侮ってはいけないよって話と関係ないけど


今日の会話・・・







「あ~ぁ、ゴリフやりたいな~。」


俺 ?(゚Д゚≡゚Д゚)?

「ゴリフとは何ぞや?」


娘 (ノ´∀`*)

「こんな棒でボールをカキーンって打って遊ぶやつだよ。」


「とうちゃんの記憶が確かなら、それはゴリフではないよ?」


娘 ( *´艸`)

「え~っ、とうちゃん知らないんだ。ゴリフって面白いんだよっ!」


俺 (゚Д゚)ノ 

「ばーかばーか。ゴリフなんてねーよ。」


「あっ、そっか。つぅがちょっと間違えただけ。」


「やろ?」


娘 (`・ω・´) シャキーン

「本当はわかってるんだから。ドリフでしょ?」


俺 ( ̄へ ̄|||)       

「え~と、昔8時から放送されていた・・・」


「そう、それの事だよっ!」


俺 (゚Д゚)ハァ?

「適当な事言うなよ。ドリフを知ってるわけないでしょ?お前が言ってるのはゴルフ!」


娘 *゚.。.*・(´∀`人)゚・*:.。.。*

「ゴルフってつぅは知ってたけどね。」


「絶対嘘や・・・」


「みんなの前でつぅがゴルフするんだよ♪」


俺 ?(´・д・`) ミッシェル・ウィの影響か・・・

「とうちゃんとか友達とかと?」


「つぅが一人でっ!」


「みんなでやった方が楽しいと思うよ。」


「頑張って頑張って、つぅが優勝してメダルもらうんだよ♪」


「てか、一人でやってるなら頑張らんでもメダルを貰えるんちゃう?」


娘 (;゚∀゚)=3ハァハァ

「それからみんなでバーベキューするの。」


俺 (シ´Д`)シスルーかよ・・・

「バーベキューで何焼いて食べようかね?」


娘 (゚∀゚ノノ゙☆

焼肉っ!


「焼肉て・・・。まぁ、お肉と野菜と・・・」


娘 ( ゚Д゚)ホスィ

油揚げっ!


俺 (´Д`) =3 ハゥー

「とうちゃんはお肉食べるね。油揚げはいらんから。」


娘 

「とうちゃんのお肉は無いよ。」


「ん?とうちゃんは野菜だけとか?」










娘 ヾ(●´∀`●)ノ

とうちゃんはタバコを焼いてから

ポン酢で食べてくださいっ!
















工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工
















何かの罰ゲームですか?
AD

娘の誕生日 に家族となったウサギのモモも新しい環境に慣れてきたよう・・・



ウサ


とはいっても、抱っこはさせてくれませんけどねヽ(´Д`;)ノアゥア

もの凄い速さで逃げるので、脱兎の意味を初めて知りましたよ(ノ∀`)アヘ



娘も知らない事ですが、実はウサギの前にプレゼントとして

考えていたのはハムスターでした。

誕生日2週間前からペットショップを毎日何件も回り

ネットでハムスターの飼い方を猛勉強する毎日。

日々ショップでハムスターを見るうちに、その可愛さに僕自身がやられてしまい

誕生日6日前にキンクマ(♀)とハムスター飼育セットを買い揃え

娘に内緒で飼い始めたのでした・・・



巣箱


ハムスターの巣箱として利用したのは、中学の美術の時間に

作成した梵字が彫刻された変な木箱。


娘の喜ぶ顔を思い浮かべつつ、娘に察知されないよう

コソコソ・ワクワク隠れて飼育。


しかし、5日目の朝にハムスターの様子が明らかに変。

午前中仕事を休み、急いで動物病院へ。

緊急入院して回復を待ちましたが、願いは届かず

夕方に天へ旅立って行きました・・・



ハムお別れ


娘の友達は娘に会うこともなく・・・



女医

「飼育環境に問題はないようなので、ペットショップで既に細菌などに感染していたかもしれません。」



そういえば・・・

前日に行った時キンクマが10匹以上ケージにいたのに

次の日に行った時は2匹しかいなかった・・・

もしかして病気か何かで大量に死んでた?

とりあえず、購入したペットショップへ電話してみる。



店員

「そんな事実はないですよ。他のハムは売れたんだと思います。」


「思います?わからないんだったら話にならんから。店長に電話させて。」



その日は店長から電話はなく・・・

電話があったのは娘と共にウサギを選んでいる最中でした。



「ハムスターは最初から弱ってたんじゃないの?」


店長

「そうかもしれませんが、店が悪いのではなく問屋が悪いんですよ。」


「問屋?」


店長

「店へ出荷する際に薬を与えて、腸内細菌をクリアしちゃうんですよ。」


「で?」


店長

「なので、店頭に並んだ段階では新しい環境に弱いというか・・・」


「あのね、そんなん購入の際に説明した?病院へ行ったけどうちの子は死んじゃったんだよ?」


店長

「あ~、病院にいったんですか~。」


「そりゃ苦しそうにしてたら連れて行くでしょ?」


店長

「病院なんか行かないで、ヨーグルトとか与えたらよかったんですけどね~。」


「そんなアドバイスは購入の際にするべきでしょ?店頭に並べるだけでは無責任じゃないの?」


店長

「そうなんですよ。うちも悪いんですが問屋が一番悪いんですよね。」



問屋がいかに悪く、店舗はハムスターの為に努力したって話を延々と聞かされる・・・(´Д`) =3 ハゥー



「もういいです・・・。なんか話しても無駄みたいですから。」


店長

「ハムスターを買うときは綺麗な時ではなく、環境に慣れて汚れてきたくらいがちょうどいいんですよ。」


「だったらそれも含めて今度からは買う人にアドバイスをきちんとしてください。」











店長 ヾ(´∇`*)ゝ

迷惑かけたみたいだから、今度の入荷で入ってくる

ハムスター1匹差し上げますよ♪

















ヽ(`Д´)ノウワァァン!! 

















失った命は帰ってこないし
例えハムスターでも命は軽くないんよ・・・
AD

寒さ訪ねて・・・

テーマ:

誕生日訪ねて・・・ に写真を追加(ノ∀`)アヘ


娘は判別できても、僕は闇に溶け込みわからないだろう


って思っていたけど、バレバレみたいです(*`・з・)ムゥ


ちょっと恥ずかしいな~って話と関係ないけど、今日の会話・・・










「明日から保育園やね~。」


復活!


「友達といっぱい遊ぶの♪」


「そか、よかったね~。」


「とうちゃん、ボールで遊ぼうよっ!」


俺 (シ´Д`)シ寒いんだよ

「コタツから出ること不可能です。今朝は雪も降ったし。」


「つぅは4枚も着てるから寒くないよ。」


「ん? 4枚じゃなくて3枚でしょ?」


娘 (*ノДノ)キャ!!

「だっても着てるから♪」


 ヽ(´Д`;)ノアゥア それはどうかと・・・


「そんなに寒いんだったら黄色になればいいのに。」


俺 ?(´・д・`)

「黄色とは?」


「もぅ~、バナナに決まってるでしょっ!」


 ゜・(*ノД`*)・゜決まってないよ・・・


娘 ヾ(´∇`*)ゝ

「あっ、オシッコでもいいけどね。どっちにする?」


俺 (。´Д⊂)選択肢の無い二択・・・

「バナナでお願いします・・・」


娘 ( ̄m ̄*)うふふ

「バナナは皮が厚いから暖かいんだよ♪」


「俺がバナナだったらお前は何よ?」


「つぅはリンゴ。」


「あぁ、青森だしね~。」


娘 (#゜Д゜)キー

何言ってるの?青森なんて全然関係ないでしょっ!


俺 Σ( ̄□ ̄;)ありありでは?

「リンゴの皮は薄いから寒いかと・・・」


「大丈夫。つぅは次に馬になるから♪」


俺 

「何で馬?」


娘 ゚+.(ノ。'□')ノ*.オオォォ☆゚・:*☆

「馬はね~。いいよ~、凄く熱いんだよ♪」


 ォィォィ…(;´д`)ノ馬券買うおっさんみたいやで


娘 (゚∀゚ノノ゙☆

「で、とうちゃんのパナナ食べちゃうの。」


俺 (*´д`)a何か卑猥やね

また 食べられるのかよ・・・」










娘 (`・ω・´) シャキーン     

だって、とうちゃんは

ウンチになるって決まってるから♪
















(´;ω;`)
















馬糞が父でも愛してくれる?
AD

水疱瘡訪ねて・・・

テーマ:

娘の身体に無数の水疱・・・


水疱瘡は痒いものと認識していたんだけど


娘曰く、かなり痛いらしい。


塗り薬2種類処方されたんだけど


塗るだけで激泣きです ウァーン・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ナクナ


お腹も足も涙で濡れるほどなのですよ。


泣きまくり逃げる娘に無理やり薬塗るのも辛いやね。


朝昼晩と3回塗るのが娘共々憂鬱です。


水疱瘡


カメラを向けても笑顔はなく・・・(;´Д`)


病院に行くまでは色々な可能性を考えてかなりの不安((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


もしかしてウサギのアレルギーとか?

もしかして0歳の時に頭蓋骨骨折した影響とか?


ある意味水疱瘡で良かったのかもしれません。


娘の身体に沢山出来た水疱を見て


百目


百目を思い出す不謹慎な父親でした・・・

流れ星尋ねて・・・

テーマ:

2004.11.10の記事『地震尋ねて・・・ 』と


2005.10.05の記事『地震尋ねて・・・ 』を比べてみると


約1年間での娘の成長が如実に感じられる・・・?


という事も無く、娘の世界はどこまで続くのかな~ナンテヽ(´▽`)/


って話と関係ないけど、今日の会話・・・










「とうちゃん、星は人なんだよ。」


俺 (゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?

「えーと、星が人とは?」


「星には手と足があるでしょ?」


「ん~? 絵()に描くとそう見えなくも無いかな?」


娘 (*ノДノ)キャ!!

「だから、とうちゃんとつぅは星だったんだよ♪」


 (・Д・;)そうなの?


「流れ星になって、落ちたら人になるんだよ。」


「なら、とうちゃんが先に落ちて、つぅが後から落ちてきたの?」


娘 *・゜゚・*ヽ(*´∀`)ノ*・゜゚・*

「うん、流れ星の時からつぅはとうちゃんの子どもだったの。」


俺 (*´∀`)つ

「そっか。落ちなかったら流れ星親子はどこへ飛んでいったんだろうね。」


娘 (゚Д゚)ノ

「きっと海だよっ!」


「海に落ちても、そこは地球だから人になるんでしょ?」


「海に落ちたら人じゃなくてヒトデになるんだよ。」


「まぁ、確かに形()は似ているけど・・・」


娘 ( *´艸`)

「ヒトデになって海をユ~ラユ~ラ泳ぐの。」


俺 (*´・д・)(・д・`*)ネ

「海に落ちてヒトデになったら一緒にユ~ラユ~ラ泳ごうね♪」


娘 (゚∀゚ノノ゙☆

「えっ? つぅはヒトデにならないから。」


俺 (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

「あれ? とうちゃんが海に落ちてヒトデになって、つぅは何になるの?」


娘 (*´д`)aエェ

「つぅは人だよ。」


俺 ヾ(・_・;) オイオイ

「とうちゃんがヒトデなのに、お前だけ人になるの?」


「そうだよ。とうちゃんは水槽で飼ってあげるね。」


俺 ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

「お前に飼育されるのかよ・・・」


娘 (ノ∀`)アヘ

「大丈夫だよ。ちゃんと晩御飯にして食べるから。」


 工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェ(゚Д゚;ノ)ノェェエエエエ工


娘 *゚.。.*・(´∀`人)゚・*:.。.。*

「で、とうちゃんはウンチになって流されちゃうの。」


俺 ゜・(*ノД`*)・゜

「とうちゃんが可哀相じゃん。」
















娘 ヾ(*´∀`*)ノ

トイレで流れてず~っと行ったら

ウンチいっぱいだから寂しくないよ♪
















ィィイヒ(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)ヒイィィ
















なんか恨みあるのかな・・・?

誕生日訪ねて・・・

テーマ:

誕生日


今日は6歳の誕生日でした。


プレゼントはかなり前から悩みまくり(ノ∀`)アヘ


前回 のような失敗をしないよう慎重に選んだよ。


だって、木琴の姿を半年以上前から全然見ないんだもん・・・


今年こそはって事で


ウサギ


新しい家族、娘の友達としてウサギにしてみました。


他にも家族から沢山のプレゼントをもらいご満悦^^


そんな中での今日の会話・・・











「沢山もらえて良かったね。」


娘 (;´д`)ゞテヘ

「つぅがお利口だからだよ♪」


俺 (ーωー;)自分で言うなよ・・・

「ウサギの名前は考えたの?」


娘 ( ̄m ̄*)

「モモコちゃんだよ。」


俺 (・Д・;)

「まだオスかメスかわからないんだけど・・・」


娘 (`・ω・´) シャキーン     

「男の子だったらモモタロウにするから大丈夫。」


「おっ、今後の展開を考えてるね~。」


「早くつぅと仲良しになればいいな~♪」


「どれくらい仲良しになりたいの?」


娘 ( *´艸`)

10回くらいっ!


 ??(`Д´≡`Д´)??


娘 ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

「一緒に寝たり、お風呂に入ったりするんだ~♪」


俺 Σ(´Д`;)お風呂はどうかと・・・

「なら、しっかり世話しないとね。」













娘 ヾ(○´Д`○)ノヾ(●´Д`●)ノ

つぅがご飯あげたり遊んだりするから、とうちゃんは

オシッコとか片付けてね♪
















(ノ`○´)┫:・’┻:・’.

















美味しいところはお前だけ・・・?