父の日訪ねて・・・

テーマ:

公園の池で苦労して捕まえたオタマジャクシ。


世話をするのはもちろん俺一人・・・(´Д⊂


オタマジャクシの成長より池の水に混入していた


無数の小さな虫?の成長が著しい今日この頃。


水の中が虫?だらけでキショイって


話と関係ないけど、過ぎ去りし日の話・・・









「ただいま~。」


「とうちゃんおかえり~♪」


「あれ?まだ起きてたの???」


「とうちゃんを待ってたんだよ。」


「それはありがたいけど、時間になったらちゃんと寝なさいな。」


「はい、これ♪」


俺 Σ(´Д`;)

「ん?なんですか、この怪しい顔の絵は?」


娘 ゚Д゚)エェーッ!!

「とうちゃんの顔だよ。」


俺 (´Д⊂

「俺かよ・・・」


父の日


「今日は父の日だからつぅが描いたんだよ。」


「そか、ありがとうね。色塗ってないのが気になるが・・・」


娘 ( ゚Д゚)

「だって色塗るのめんどくさかったんだもんっ!


俺 。・゚・(ノД`)・゚・。

「面倒くさいのかよ・・・」


「つぅ頑張って字も書いたから読んでみて。」


「おっ!どれどれ・・・」



    とうちゃん いつもおしごとがんばってるね 

ありがとう つぅより 


がんばってね つぅもがんばるよ



俺 

「ありがと。これからも頑張るよっ!でも・・・」


「でも?」


俺 ( ̄m ̄*)

「君、ひらがな間違ってますやん。」


「ちょっとだけだよ。」


「ちょっとかな? ま、字の練習を頑張らんとね~。」


(*´∀`)つ

「とうちゃんもお仕事もっと頑張ってね。」


「仕事をもっと頑張るとどうなるのかな?」


娘 (σ´∀`)σ

「お金が沢山になるかもしれない。」


「お金が沢山になったらどうしましょ?」












娘 ♪ヽ(*゜∀゜)ノ★

「とうちゃんとつぅが

2人で仲良く暮らすんだよ♪

















σ(TεT;)つまり・・

















稼いでアメ買えって事?
AD

夢を尋ねて・・・

テーマ:

久しぶりに髪を切ったんだけど


周囲には不評な今日この頃・・・(´・ω・`)ションボリ


やっぱ「適当にお願いします。」ってのがいけなかったのかな? 


って話と関係ないけど、今日の会話・・・







「昨日は昔の友達の夢を見たよ。」


「誰の夢?」


俺 (´・ω・`)ションボリ

「改めて問われると思い出せないのが不思議やね。」


「つぅも昨日ね、夢見たんだよ。」


「どんな夢?」


「とうちゃんとつぅがもっと仲良かったころの夢・・・」


俺 ?(゚Д゚≡゚Д゚)?

「今も仲良いんじゃないかな?」


娘 (*゚Д゚)=3 フガー!

「あの頃はもっと良かったのっ!」


「どの頃よ?」


「つぅが2歳の時かな?」


「いやいや、その頃は一緒の部屋に寝るだけで泣いてたよ。」


「そうだっけ?」


「お菓子を貰う時と遊ぶ時しか近くに来んかったしね。」


娘 ( ̄m ̄*)

「あの時はRちゃん(元妻)が一緒だったから。」


俺 Σ(´Д`;)

「一緒だったからとうちゃんはいらなかったの?」


娘 (*´∀`)つ

「うん、そうだよ♪」


俺 ( -д-) 、ペッ

「所詮、父親など・・・」


娘 (o ´Д`)ノ″ 

「Rちゃんは元気に暮らしてるかな~?」


「さぁ?元気なんちゃう?」


「東京にいるんだよね。」


「大阪なんですが・・・」


娘 (ΦωΦ)

「前は3人一緒で仲良かったんだよ。」


俺 。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん

「・・・まぁ、そうだったかな?」


「とうちゃんも優しかったし・・・」


俺 

「そか?今と変わらんと思うよ。」


「前はアメ2個くれたけど、今は1個しかくれないし。」


俺 (゜Д゜) ハア??

「アメを2個あげないから昔ほど仲良くないと?」


娘 ヽ(*`Д´*)ノ

「当たり前でしょっ!」


俺 σ(TεT;)

「なんじゃそりゃ・・・」












娘 (*´∀`)つ

「前よりもっと仲良くなるにはつぅに

アメ5個あげればいいんだよ♪

















(;;゜ロ゜)威迫?

















親子関係はアメ玉の数に比例?
AD

ダイエット尋ねて・・・

テーマ:

壊れたため電源入れたまま放置していたMDコンポが

 

たま~に勝手に演奏開始したりしてます。


この部屋に何かいるのかしら???


って話と関係ないけど、今日の会話・・・








娘 ( ̄m ̄*)

「とうちゃん太ったでしょ?」


俺 (´・ω・`)ションボリ

「まぁ、確かに久しぶりに量ったら+15㎏・・・」


娘 (*´∀`)つ

「とうちゃんお肉ぶよぶよ~っ!


俺 σ(TεT;)

「いや、そんなになっ・・・」


娘 (σ´∀`)σ

「とうちゃん超デブぼよよ~んっ!


俺 ヽ(*`Д´*)ノ

「お前かてお腹ボーンやろっ!!」


娘 

「つぅは子どもだからいいんだよ♪」


俺 ( -д-) 、ペッ

「子どもでもデブはデブなのだよ。現実を見ろ!」


娘 (ΦωΦ)

「ほらっ、お腹出てないもん。」


「それは凹ませてるだけでしょ・・・」


「違うよ。いつも凹んでるもんね~。」


「とにかく、ダイエットとか考えないとな。」


「ダイエットってなに?」


「ん~、痩せる為に色々することかな?」


娘 ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

「つぅ知ってるよ。体操すればいいんだよ。」


「おぅ、体操も一つやね。どんなんする?」


「アズモモ体操だよ♪」


俺 (゜Д゜) ハア??

「なんだそれは・・・」


娘 

「こっちむいてふたりでまえならえ~♪」


「あ、アルゴリズム体操 の事ね。」


「そうそれの事。毎日やると痩せるよ~。」


「どんだけ痩せるかしら?」


「こんくらいになるよ♪」


俺 。・゚・(ノД`)・゚・。

「・・・モップの棒?」


「細いね~。」


「痩せすぎや・・・。そんなん嫌や。」


娘 

「心配しなくても大丈夫だよ。」


「なぜに?」


「病院で手術すればいいんだよ♪」


「どんな手術なん?」


「お腹を切ってお腹を交換するんだよ。」


俺 (; ̄□ ̄)ナヌッ?

「交換???」


「そうすればまたおデブに戻れるから。」


俺 Σ(´Д`;)

「戻らんでいいがな。また運動しなきゃだし。」












娘 (⌒_⌒)♪♭

「手術したらもう死ぬまで

おデブだから大丈夫♪

















ガ━ΣΣ(゚Д゚;)━ン!!

















最初から適度なお腹に交換すれば・・・?
AD

宇宙尋ねて・・・

テーマ:

風船










俺 (*´・д・)(・д・`*)ネ

「この風船の絵はうまく描けたな。」


娘 (ΦωΦ)キュピーン

「風船は宇宙の様・・・」


俺 Σ(´Д`;)

「いきなりなんだ?」


「宇宙は風船みたいな丸い形してるんだよ。」


「そんなん誰に聞いたん?」


娘 (*´∀`)つ

「つぅが自分で考えたの。」


俺 ( ̄へ ̄|||) ウーム

「宇宙に行った事もないのにわかるのか?」


「わかるよ~、宇宙はな~んにもない所だよ。」


「どこにあるんだろうね?」


娘 ( ̄‥ ̄)=3

「遠いね~、すっごく!空のずぅっっっと上の方だよ。」


俺 ( ̄m ̄*)

「いつか二人で宇宙に行けたら楽しいかもね。」


娘 ヽ(*`Д´*)ノ

「なんにもないんだから楽しくないよっ!」


俺 σ(TεT;)

「行った事もないくせに・・・」


「宇宙までの飛行機は楽しいんだけどね♪」


俺 ∑(!? ̄Д ̄)゚Д゚)・д・) エェーッ!!

「宇宙って飛行機で行けるの?」


「行けるけど、つまんない所だから誰も行かないんだよ。」


「そうかな?色々あると思うぞ、宇宙には。」


娘 

「宇宙が太陽と戦ってるだけだもん。」


俺 (゚Д゚;=゚Д゚)えぇッ!?

「太陽と戦ってる・・・?」


「そうだよ。太陽が負けると真っ暗になっちゃうの。」


俺 (´・ω・`)

「むぅ・・・。あながち間違ってはいないような・・・」


「でもニセモノの宇宙なんだけどね。」


「なんじゃそりゃ?宇宙はニセモノですか???」


「本物の宇宙はもっと上にあるから。」


俺 ヾ(゚△゚=゚△゚)ノ゛

「ニセモノと本物があるのかよ。」


「当たり前でしょ。」


俺 

「ややこいな・・・」


「本物の宇宙は楽しいかもね~♪」


「本物にも飛行機で行くのかい?」


娘 (゚Д゚)クワッ

「飛行機でいけるわけないでしょっ!」


俺 (; ̄□ ̄)ナヌッ?

「だったら本物の宇宙までは行けないんだ・・・。」












娘 ♪ヽ(*゜∀゜)ノ★

「それが行けるんだな~♪

タケコプターならっ!!

















(゜Д゜) ハア??

















行けないだろ・・・
大事な時は故障か電池切れだし・・・