放浪訪ねて・・・

テーマ:
申し訳ありません。

しばらくお休みします。

てか、再開しないかもしれません。

いろいろあって昨日より娘と放浪中・・・

今日はどこで寝ようかな?



AD

アラリ虫尋ねて・・・

テーマ:

 髪を切るのが嫌いです・・・

 「どのようになさいますか?」と聞かれるのが

 かな~り苦手です。

 そんなこんなで後ろが結えるほどになってしまいました。

 邪魔くさいから切りたいが、切りに行くのが

 かな~り憂鬱・・・
 
 って話と関係ないけど、今日の会話・・・





「今日ね、保育園でアラリ虫と遊んだんだよ♪」

俺 (゜Д゜) ハア??
「なんだそりゃ?初耳だよ、どんな虫?」


「アリさんの友達のお母さんだよ。」

俺 
「・・・・どこにいるの?」


「砂のはじっこの所にいるよ♪」


「ビミョウに範囲が広いな・・・」


「お父さんはアラリクシなの。」

俺 (゜Д゜) ハア??
「クシ・・・?」

娘 ( ̄m ̄*)
「子どもはアラリアッちゃんなんだよ♪」


「アラリ虫って虫ではなくお母さんが アラリ ムシで
 お父さんがアラリ クシって名前なのね。」


「そうだよ♪」


「それってアリの友達なんだよね?」


「そっきそう言ったじゃない。」


「じゃぁ、アラリ達も結構小さいんだね。」


「いつもは小さいけど、怒るとぐわ~って大きくなるの。」


「どれくらい?」

娘 ( ̄‥ ̄)=3
「怪獣ぐらい大きくなるんだよ♪」

俺 Σ(´Д`;)
「オイオイ、かなり危険な生物やな・・・」


「とっても恐いんだからね。」


「アラリには危ないから近づかないほうがいいね。」


「大丈夫だよ。」


「なんで?」


「とうちゃんがガシーンって倒すから♪」

俺 Σ( ̄Д ̄)!
「俺が倒すの?そんなデカイの無理やって。」

娘 ( ̄m ̄*)ふふ
「とうちゃんも大きくなるから大丈夫だよ♪」


「大きくってどれくらいよ?」

娘 (ΦωΦ)
モミの木ぐらい!


「具体的だがなんかアバウトだな・・・」


「つぅがボタンをピコって押したら大きくなるんだよ。」

俺 (*´∀`)つ
「俺自身にも知らされていない機能が・・・」

娘 (*´・д・)(・д・`*)ネ
「とうちゃんはロボットだからね~」

俺 (゚Д゚;=゚Д゚)えぇッ!?
「とうちゃんは何時からロボットになったんだ・・・?」

娘 ♪ヽ(*゜∀゜)ノ★
「コタツに入ってる時になったんだよ♪」


「唯一の暖房器具には秘密がいっぱいやな。」


「がんばってね、とうちゃん♪」


「へいへい、がんばって倒しますよ・・・」


















娘 (*゚Д゚)=3 フガー!
「何言ってるの?とうちゃんが倒すんじゃなくて
つぅがビーム☆で倒すんでしょ!」
























ヽ(*`Д´*)ノ




















美味しいところはおまえかよっ!
AD

チョコを尋ねて・・・

テーマ:
 
 弟が古着屋をネット上で始めたらしい。

 そこでブログを書くことを薦めたらそれも始めたらしい・・・

 どこだ?と探してみたが膨大なブログの山から

 探すのは無謀な事に3日目で気付きました・・・

 って話と関係ないけど、昨日の会話・・・








「お迎え遅くなってごめんね~。」


「お店によってから帰ろうね。」


「なぜ?」

娘 ( ̄‥ ̄)=3
「バレンタインのチョコを買うから♪」


「えっ?誰にあげるの?」


「とうちゃんだよ♪」

 ♪ヽ(*゜∀゜)ノ★
「そっか~♪ でも、お金もってないんじゃない?」

娘 (#゚Д゚)クワッ!
「とうちゃんのお金に決ってるでしょ!」

俺 (´Д⊂
「自分の金で自分のチョコ・・・」


「沢山買おうね♪」


「バレンタインに自分で買うのは嫌です。」


「でも、とうちゃんにプレゼントしたいんだもん・・・」


「てか、お前がチョコ食べたいんでしょ?」


「うん、そうだよ♪」

俺 ・・・_| ̄|○
「俺にあげるのは口実か・・・」

娘 ( ̄m ̄*)
「つぅはチョコが大好きだから~。」


「つぅがもっと大きくなったらでいいよ。」


「なんで?」


「お小遣いを貯めたり、アルバイトしたお金で買ってね。」



「でも、つぅが大きくなったらとうちゃんは
死んでるでしょ?


俺 (゚Д゚;=゚Д゚)えぇッ!?
「お前がどのくらい育ったら死ぬ設定になってるの?」


「えっ?小学生になったらかな?」

俺 σ(TεT;)
「来年死ぬのか・・・」


「死んだらチョコ食べれないでしょ?」


「死んでも天使になってつぅのチョコを食べにくるよ。」

















娘 ヽ(*`Д´*)ノ
「とうちゃんは天使になれないってば!とうちゃんは
オバケになるんでしょ。」






















(´・ω・`)ションボリ 
























実は嫌われてるの・・・?
AD

つらら尋ねて・・・

テーマ:


また奪われました・・・




「また魔法の氷の杖ですか?」


「違います、この子は鈴木 みのりちゃんです♪」


 ( ̄へ ̄|||)この子・・・?







つららでお絵かき









公園には僕らだけ・・・




「もう暗くなってきたから帰ろうよ~。」



「あ~っとうちゃん、みのりちゃんが
子どもを産んだよ♪

















ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

























子ども達・・・?























お前が落としたんだろ・・・

スパム訪ねて・・・

テーマ:
最近アメブロ内が騒がしいですね。

正直またか・・・って感じですが。 


『NO!SPAM』さんの所を中心に色々と拝見しましたが微妙ですね。
確かにスパム行為は迷惑かもしれませんがIDを晒すのはやりすぎでは?

スパム被害で困っている人の心の支えになったり、読者登録のありかたを伝えたり「スパムの疑いがあるブログの特徴」「最近のスパムの特徴」など、そういった情報を提供してくれる場所として活動するなら賛同も出来ますが・・・。

そもそもスパム行為の定義自体が人によって違うと思うし、読者登録数
とお気に入りの比率が100%前後が正常との定義にもかなり疑問です。
お気に入りに登録する基準も人によって違うので他者が自分の基準で
判断するのはいかがなものでしょう?
コメントなしで登録する人やコピペで登録する人もいるだろうし、ちょっと気になったらお気に入りにどんどん登録していく人もいるでしょう。読者になったから毎日の訪問義務はないはずです。1週間に1回でも1ヶ月に1回でも、ふと思い出した時にでもいいじゃないですか。

スパム認定済みIDに載っていたから削除しましたとかのコメントも疑問。
自分で判断できないのでしょうか?読んで面白ければお気に入りに入れればいいし、興味ないなら最初から相互にしなければいいでしょ。

全てのブログに週1に一つでもコメントを残されますか?にも疑問。
コメントを残す頻度とかも個人によって違うでしょう?
この定義でいけば僕もスパマー?に入りますね。
最近は全然コメント残していないのですから・・・

ジャンル違いから読者登録が来たってのも疑問
てか、そんな事でスパム扱いだとブログの意味からして・・・


問題提起はいい事だと思うし、その問題について色々と論争するのも
いい事だと思いますが個人を自分達の基準で判断して晒すのには反対
後から晒したけど間違いでした・・・じゃ済まされませんよ。
正義を大義名分にして熱くなってる学生運動と錯覚してしまいます・・・



何だかんだいっても無視できない自分も未熟です・・・
僕はスパム登録も広報活動の一環と考えているので
特に何も感じません。
結局は受け手の問題だからです。
ランキングのクリックするのも自分だし
読者登録を返すのも自分でしょう。

色々な意見あると思うので反論でもなんでもコメントよろしく^^

名前を尋ねて・・・

テーマ:
 
 俺の寝床は30cm・・・

 寝返りするとベットから落ちてしまう。

 どうやって領地を娘から取り戻そうか思案中・・・

 って話と関係ないけど、今日の会話・・・





「つぅ、コタツつけて。」


「・・・・・・・・・」


「つぅ?」


「いつもいつも同じっ!」

俺 ?(゚Д゚≡゚Д゚)?
「は?何の事よ?」


「みんなでつぅって呼んでばっかり。」


「だって名前なんだから当たり前でしょ?」

娘 ヽ(*`Д´*)ノ
「もう違う名前にするんだからっ!」

俺 (!? ̄Д ̄)゚Д゚) エェーッ!!
「とうちゃんが一生懸命考えた名前なんですけど・・・?」


「でも飽きたから。」

俺 Σ(´Д`;)
「どんな思いが込められてると・・・。」

娘 (*´∀`)つ
「今日からみらむら 花子です!」


「みらむらって何だよ?てか何で花子???」


「それがいいから♪」


「あのな、つぅ。」


 キコエナイ (/.\三/.ヽ) キキタクナイ


「えっと・・・・・・花子さん?」

娘 ♪ヽ(*゜∀゜)ノ★
「は~い、な~に♪」

俺 ・・・_| ̄|○
「とうちゃんは名前変えるの嫌だな。」


「なんで?」


「苗字と名前を変えるって事は大変な事なんだよ。」


「大変じゃないよ。」


「とうちゃんの娘はつぅだけです。『みらむら 花子』って子は
とうちゃんの子どもじゃないんだよ。お前は他所の子どもなの?」




















娘 (#゚Д゚)クワッ!
「つぅが名前変えたんだからとうちゃんも
みらむら とうちゃんになればっ!」






















(゚Д゚;=゚Д゚)えぇッ!?






















俺じゃなくてお前が基準?

かずのこ尋ねて・・・

テーマ:
 今年こそは何か新しい事に挑戦しよう!

 と思いつつ何も決らず2月中旬・・・_| ̄|○

 このままではすぐ年末になってしまうと焦ったので

 とりあえず本を1ヶ月10冊読むことにしました。

 少ないかな?って話と関係ないけど、今日の会話・・・






娘 ( ̄‥ ̄)=3
かずのこ食べるとお腹にあかちゃんが出来るんだよ♪」

俺 Σ(´Д`;)
「また怪しげな情報を・・・」


「本当だよ。本に書いてあったもん。」


「その本をとうちゃんに見してみ。」


「この本だよ。」


「どれどれ・・・」


おせちりょうりのなかにはいろいろないみが・・・

かずのこ~こどもがたくさんうまれますように。




「ねっ?書いてるでしょ?」

俺 (´・ω・`)ビミョウ・・・ 
「・・・・・・・・・・。」


「つぅは嘘つかないんだから。」

俺 
「お正月に俺もお前もかずのこ食べたけど?」


「いっぱい食べないとあかちゃん出来ないんだよ。」


「いっぱいってどれくらい?」


「100個だよ♪」


「粒でいえば100個以上は食べてるのでは?」


「100+100食べれば生まれま~す♪」

俺 ?(゚Д゚≡゚Д゚)?
「いや・・・、あの~さりげなく増えてるんですけど?」


「つぅのお母さんも食べたのかな~?」

俺 (T T)質問スルー
「それはどうでしょう?食べた事はあるはずだよ。」

娘 ( ̄m ̄*)あのね
「まえ一緒に住んでた時は食べてたんだよ♪」

俺 (゜Д゜) ハア??
「そんなん憶えてるの?」


「うん。大阪に住んでた時だよ。でもつぅと一緒に青森来たの。」

俺 ( ̄へ ̄|||)
「えっと・・・、お前しか青森に来てないのですが・・・?」


「え~っ!青森につぅを連れて来てから大阪に帰ったんだよ。」

俺 (つД`)
「連れて来たのは俺ですが・・・」



「違います!自転車で・・・


俺 ヘ(..、ヘ)☆\(゚ロ゚ )ナンデヤネン!
「いや、それはない。」



「とうちゃんが忘れてるんだよ・・・」


「鮮明に憶えてるよ。だって2年前の事だもん。」

娘 (#゚Д゚)クワッ!
「つぅは誰から生まれたのでしょう!!!」

俺 ?(゚Д゚≡゚Д゚)?
「???、自分でお母さんの話をしてたのでは?」


「ブッブ~、答えはおばちゃんでした♪」


「おばちゃんは僕の母上ですが・・・?」

娘 (#゚Д゚)次ッ!
「とうちゃんは誰から生まれたでしょう!!!」



「いや、だからおばちゃんだってば。」

















娘 (*゚Д゚)=3 フガー!
「とうちゃんまた忘れたの?とうちゃんは
おじちゃんとI君から生まれたんでしょ。」





















:(;;゜ロ゜)ガクガク


















要するに、かずのこ食べた
親父と弟から生まれたって事?

H尋ねて・・・

テーマ:
 いま一緒にコタツに入っている娘の

 ハイテンションについていけない・・・_| ̄|○

 お前が発している言語は既に日本語の枠組みを

 かる~く飛び越えているよ?

 って話と関係ないけど、今日の会話・・・








「とうちゃん、何買うか決めた?」

俺 σ(TεT;)
「決めるも何も8円では・・・」


「CDでもゲームでもいいんだよ♪」

俺 :(;;゜ロ゜)8円で・・・?
「MDコンポとPS2は壊れてるからな~。」

娘 (#゚Д゚)クワッ!
「でもね、子供用のオモチャ買っちゃダメだからね。


「それは何故ゆえに?」

娘 ( ̄m ̄*)だって
「とうちゃんのなのにつぅが欲しくなっちゃうから。」


「あ、なるほどね~。」


「だから大人用のオモチャにしてね♪」

俺 (ΦωΦ)大人用・・・
「なんかいやらしいな~♪」


「いやらしいってどうゆう意味?」

俺 Σ(´Д`;)
「え・・・・っと、って事かな?」


って何?」


「変態の頭文字で・・・、いやそうではなく・・・」


「嫌だって意味?」


「違くて、まぁ英語ですよ。そうそう、AとかBのお友達です。」

娘 ( ̄m ̄*)ふふ
「そっか~、英語か~♪」


「学校行ったらつぅもお友達になれるよ。」


「とうちゃんもとお友達?」

俺 (゜Д゜) ハア??
「えっ? いや~まぁ友達かもしれないかな?」


















娘 o(*≧◇≦)o″あのね 
「とうちゃんは
が大好きなの?





















Σ( ̄□ ̄;)

























えっと、人並みかな?
違うっ!公衆の面前でお前は・・・

天使尋ねて・・・

テーマ:
 
 昨日は節分でしたが何もしませんでした・・・


「節分だから家にもが来るかもよ~。」


「金棒と包丁持ってくる?」


「う~ん、どうやろ?持ってくるかもよ?」

娘 (#゚Д゚)クワッ!
「そんなのどうせ偽物でしょっ!」

俺 Σ(´Д`;)
「いや・・・わからんけど本物やったらあぶないやん・・・。」


「偽物の鬼なんか恐くないしいらないんだからっ!!!」


という訳で、昨日は何事もなくスルー・・・_| ̄|○

って話と関係ないけど、今日の会話・・・








「今日も寒いな~、死んでまうわ。」


「あ~、死ぬとか言っちゃダメなんだよ。」


「ん?そらそうや・・・。ごめんごめん。」


「でもね、死んじゃうと天使になるんだよ♪」


「死ぬと天使になるの?」


「そうだよ♪ ちょっと恥かしいけどね~。」

俺 ?(゚Д゚≡゚Д゚)?
「天使になるのに恥かしい・・・?」

娘 ( ̄m ̄*)ふふふ
「そうだよ、お尻がプリって出ちゃうから♪」

俺 (゜Д゜) ハア??
「なんで天使になるのにお尻が出るのよ?」


「だって天使の服に着替える時に裸になるんだもん」

俺 :(;;゜ロ゜)カ゛クカ゛ク
「死んでから着替えるんだ・・・。」


「着替えた後に背中にをつけるんだよ♪」


「いや待て、天使の着替えはいつ用意するんだ?」


「もうすぐで死にそうって時にお家から持ってくるんだよ。」

俺 ヒソヒソ( ゚o゚)ヤダァ(゚o゚ )ネェ、キイタ?( ゚o゚)オクサン(゚o゚ )アラヤダワァ
「もうすぐ死にそう・・・」


「お空飛べて楽しいんだよ♪」


「天使の特典は空を飛ぶだけ?」


「春になると魔法の杖でヒューンだよ♪」

俺 (; ̄□ ̄)春?ヒューン???
「なんか色々と混ざってるような・・・」


「とうちゃんも天使になりたいでしょ?」

俺 ( ̄m ̄*)魔法か~
「う~ん、まだ死にたくないけどなったら楽しいかもね♪」















娘 ( ̄‥ ̄)=3
「あ~あ、残念でした。死んでから天使になれるのは
女の人だけなんです!
























(´・ω・`)ションボリ
























男の人は何に・・・?
ってか、だったら聞くなよ!


著者: 別冊宝島編集部
タイトル: このブログがすごい!2005
 


 雑誌と勝手に勘違いしていた為、PC関連の雑誌コーナー

 ばかり何件もグルグル探してました・・・
 
 全然発見できないからてっきり

 青森だから売ってないのかと・・・_| ̄|○

 
 


  しかし、ふと立ち寄った本屋であっさり発見っ!
 
 マーフィーの法則?とか考えながらもワクワクしながら読み進めると



キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!



 選考座談会メンバーの一人、北井 亮氏の選んだBest10で


(/^▽^)/10位ヾ(^∇^ヾ) 
 
 
 にランクインしてるじゃないですかっ!

 捨てる神あれば拾う神あり?

 はぁ~、なんか幸せな気分と不思議な気分で変な感じ。

 早速、北井氏の本を買いに行かなくちゃ!なんて
 
 俺ってば娘同様単純なのかしら・・・?